毎年来場者10万人!東京大学 第64回『駒場祭』11月22日(金)、23日(土・祝)、24日(日)、駒場キャンパスにて開催

@Press / 2013年11月15日 9時30分

『駒場祭』正門
東京大学は、11月22日(金)から24日(日)の3日間、東京大学 駒場キャンパス(所在地:東京都目黒区)にて、第64回『駒場祭』を開催いたします。『駒場祭』は、毎年来場者10万人を数える学園祭です。模擬店をはじめ、サークルによる個性豊かなパフォーマンスなど500近くの企画が駒場キャンパスに集結します。

公式ウェブページ: http://www.a103.net/komabasai/


【駒場祭基本情報】
◇日時・場所
日時:2013年11月22日(金)から24日(日)
   9時から18時まで(最終日のみ17時まで)
場所:東京大学 駒場キャンパス(京王井の頭線 駒場東大前駅からすぐ)

※ 各案内所にてパンフレットを無料配布しています。ただし数に限りがございますので、ご了承ください。


【駒場祭の魅力】
◇参加して、楽しむ!
学園祭では定番のスタンプラリーをはじめ、駒場キャンパスのガイドツアー、子供向け企画をご用意しています。子供向け企画の「わくわく!こまっけろのもり。」ではボールプールやヨーヨー釣りだけではなく、知的好奇心を刺激するマシュマロチャレンジや、にほんごであそぼ などといったコンテンツがございます。また、NHK大学ロボコン で連覇も経験した東京大学RoboTechによるロボコン体験コーナーなどにも参加していただけます。

◇観賞して、味わう!
「世界一周 ~It's a small world~」をテーマにしたオープニング、中夜祭、フィナーレでは、様々なパフォーマンスをお楽しみいただけます。また、アカペラやダブルダッチ、ダンスなどのステージ企画をはじめ、屋内ではマジックカフェなどもあり、多種多様なパフォーマンスを観賞できます。さらに、落語に限らず、漫才・コント・大喜利などの幅広い笑いをお楽しみいただける駒場寄席、アマチュア最大級のプラネタリウムを観賞していただけます。

◇学術に、触れる!
東京大学ならではのアカデミックな企画も沢山ございます。公開講座では東京大学の教授による様々な分野の授業を体験していただけます。また、特別講演会では富士山の世界遺産登録に貢献されました近藤 誠一さんをお招きして、今後、日本人が果たすべき役割についてご講演いただきます。その他にも研究室・ゼミなどの専門分野についての展示発表企画もございます。

◇環境を、守る!
『駒場祭』をはじめとする華やかな学園祭の裏には、毎年大量に排出されるごみという問題があります。当学園祭では、14分別への挑戦、環境負荷の低い物品の提供やエコイベントなどを通じて、楽しみながら環境を守る活動を進めております。特に昨年も好評であった「えこえこ八百屋」では、今年も野菜の販売をいたします。販売される野菜は、多くの模擬店で使用される「エコ容器」を生分解してできた堆肥を利用して育てられているのが特長です。

第64回『駒場祭』紹介ムービーその1
http://youtu.be/PaZ028SiX2k
第64回『駒場祭』紹介ムービーその2
http://youtu.be/aWzKCnYHWDc


【駒場祭公式マスコット】
『駒場祭』には「こまっけろ」という公式マスコットがいます。お祭りが大好きなので、運が良ければ『駒場祭』当日に会えるかもしれません。また、例年大人気のこまっけろグッズの販売も行います。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

『駒場祭』銀杏並木公式マスコット「こまっけろ」ロゴ

@Press

トピックスRSS

ランキング