園山俊二作品『ガタピシ絵本』『国境の二人』が、図書館向け電子配信システム「経葉デジタルライブラリ」でよみがえる!

@Press / 2013年11月18日 18時0分

『ガタピシ絵本』平太とガタピシのなが~い一日
株式会社寿限無(所在地:東京都千代田区)は、自社が運営する図書館向け電子書籍配信システム「経葉デジタルライブラリ」( http://www.keiyou.jp/ )で、『ギャートルズ』『ペエスケ』などの作品を描いたマンガ家、故・園山俊二氏の作品『ガタピシ絵本』『国境の二人』を収録いたしました。2013年11月18日、同作品が導入先の秋田県立図書館にて公開されましたのでお知らせいたします。

「経葉デジタルライブラリ」は、図書館向け電子書籍インフラとして、『週刊ダイヤモンド』90年分のバックナンバーや、小松左京の『日本沈没』直筆原稿とその書籍などのデジタルコンテンツを配信しております。今回、園山俊二の著作権継承者「そのやま企画」と提携し、氏の著名な作品や埋もれた名作をデジタルコンテンツ化して、下記2作品を公開する運びとなりました。


■『ガタピシ絵本』(全2冊)
「平太とガタピシのなが~い一日」「ガタピシ、父に会う」
1979年から『朝日新聞』夕刊に連載された「ペエスケ」に登場する、男の子の平太とその愛犬・ガタピシを主人公にして子ども向けにつくられた絵本です。兄弟のような一人と一匹の夢の世界が、優しいタッチと暖かい絵で描かれています。


■『国境の二人』
園山俊二自身が1962年に自費出版したもので、すべて「国境に設置された鉄条網を挟んだ二人」をモチーフとし、国と国との争いの愚かさを描いた一コママンガ形式の作品集です。大人向けの作品ですが、優しい表現で描かれており、子どもでも十分に想像を膨らませて楽しめる内容です。


<閲覧方法>
「経葉デジタルライブラリ」ではタブレット端末を対象にコンテンツの貸し出しを行うため、図書館に利用者登録されている方なら、自宅にいながらネット上でコンテンツを出納することができます。また、拡大・縮小などの操作で作品をじっくり楽しんだり、子どもとともに操作しながら読み聞かせをしたりすることが可能になります。


今後も「経葉デジタルライブラリ」では、資料閲覧の目的だけでなく、良質で子どもにも親しみやすいコンテンツを配信してまいります。なお、園山俊二作品の次回リリースといたしましては、下記を予定しております。


■『ペエスケ』
『朝日新聞』夕刊に1979~1992年まで長期連載し、朝日新聞の広報キャラクターにも採用され、愛犬の「ガタピシ」にファンクラブができたほどの人気作。園山俊二自身による傑作選として全32冊を配信します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング