日経BPコンサルティング調べ「大学ブランド・イメージ調査 2013-2014」【北海道・東北編】 公立はこだて未来大学、国際教養大学が「いま注目されている大学」として高評価 国立大学優勢の中、私立の藤女子大学、東北福祉大学が健闘

@Press / 2013年11月22日 11時0分

表1-1、表1-2
 株式会社日経BPコンサルティング(所在地:東京都港区、代表取締役社長:戸田 雅博)は、今年で7年目になる「大学ブランド・イメージ調査 2013-2014」の結果をまとめ、11月22日に調査結果報告書を発行・発売します。

 全国の468大学を9地域に分け、それぞれの地域に住む方に、大学に対するさまざまな評価をいただきました。本リリースは、【北海道・東北編】有職者からの回答結果に関するものです。

本リリースURL
http://consult.nikkeibp.co.jp/consult/news/2013/1122ubj_1/


【調査結果のポイント】
■大学ブランド力(49のブランド・イメージ項目の結果を束ねた総合スコア)トップ3
・[北海道編]:北海道大学、小樽商科大学、藤女子大学
・[東北編] :東北大学、山形大学、東北福祉大学

■その大学「ならでは」の魅力として
・「いま注目されている」公立はこだて未来大学(北海道編)、国際教養大学(東北編)
・「エネルギッシュである」北海学園大学(北海道編)、東北福祉大学(東北編)

大学ブランド・イメージ調査 2013-2014 URL
http://consult.nikkeibp.co.jp/consult/report/ub2014/

【調査結果データ】
■大学ブランド力の第1位は、北海道大学/東北大学、私立大学第1位は、藤女子大学/東北福祉大学
 北海道の主要大学26校における「大学ブランド力」第1位は、88.6ポイントを獲得した北海道大学。第2位は小樽商科大学(59.4ポイント)、第3位には藤女子大学(57.6ポイント、私立大学では第1位)が続いた(表1-1)。
 東北編では、主要大学38校中、第1位が東北大学で93.5ポイント。第2位は山形大学(60.4ポイント)、第3位は東北福祉大学(60.3ポイント、私立大学では第1位)となった(表1-2)。

■「いま注目されている」大学第1位に、公立はこだて未来大学/国際教養大学
 大学のイメージについて、それぞれの結果を見ると、各大学「ならでは」の魅力が見えてくる(表2-1、2-2)。今回の調査で、「いま注目されている、旬である」では、2000年創立の公立はこだて未来大学(北海道編)と、2004年創立の国際教養大学(東北編)が、それぞれ第1位を獲得した。ともに公立大学。公立はこだて未来大学は、キャンパスのデジタル化に関する項目でも第1位となった。また国際教養大学は、「最低1年間の海外留学」が卒業要件になっているなど大学の進める特徴ある教育が評価され、グローバル化や学生の語学力に関する項目でも第1位、さらに総合力となる大学ブランド力でも前年より7.3ポイント上昇し、順位も第12位から第4位と大幅に上昇した。また、「教育機関としてのビジョンがある」は、北海道編では北海道教育大学が、東北編では東北大学が、それぞれ第1位に。学生に「面白みがある」では、北海学園大学(北海道編)、東北学院大学(東北編)が第1位となった。

@Press

トピックスRSS

ランキング