日経BPコンサルティング調べ「大学ブランド・イメージ調査 2013-2014」【北関東・甲信越編】「在学中の資格取得に積極的」では、足利工業大学、上越教育大学が第1位に 「時代を切りひらいている」長岡技術科学大学など、「ならでは」の魅力が発信される

@Press / 2013年11月22日 11時0分

表1-1、表1-2
 株式会社日経BPコンサルティング(所在地:東京都港区、代表取締役社長:戸田 雅博)は、今年で7年目になる「大学ブランド・イメージ調査 2013-2014」の結果をまとめ、11月22日に調査結果報告書を発行・発売します。

 全国の468大学を9地域に分け、それぞれの地域に住む方に、大学に対するさまざまな評価をいただきました。本リリースは、【北関東・甲信越編】有職者からの回答結果に関するものです。

本リリースURL
http://consult.nikkeibp.co.jp/consult/news/2013/1122ubj_2/


【調査結果のポイント】
■大学ブランド力(49のブランド・イメージ項目の結果を束ねた総合スコア)トップ3
・[北関東編]:筑波大学、群馬大学、宇都宮大学
・[甲信越編]:信州大学、新潟大学、長岡技術科学大学

■その大学「ならでは」の魅力として
・「在学中の資格取得に積極的」な足利工業大学、上越教育大学
・「地域産業に貢献」群馬大学、「地域社会・文化に貢献」茨城大学

大学ブランド・イメージ調査 2013-2014 URL
http://consult.nikkeibp.co.jp/consult/report/ub2014/

【調査結果データ】
■大学ブランド力の第1位は、筑波大学(北関東編)/信州大学(甲信越編)
 北関東の主要大学20校における「大学ブランド力」第1位は、84.8ポイントを獲得した筑波大学。第2位は群馬大学(60.5ポイント)、第3位には宇都宮大学(56.3ポイント)が続いた。公立大学の第1位は高崎経済大学(51.2ポイント)、私立大学の第1位は足利工業大学(49.9ポイント)となった(表1-1)。
 甲信越編では、主要大学22校中、信州大学(73.4ポイント)が第1位。第2位は新潟大学(67.2ポイント)、第3位は長岡技術科学大学(59.5ポイント)。公立大学では新潟県立大学(49.4ポイント)が、私立大学では山梨学院大学(56.1ポイント)が最も高い結果となっている(表1-2)。

■「在学中の資格取得に積極的」な足利工業大学/上越教育大学
 大学のイメージについて49項目それぞれの結果を見ると、各大学「ならでは」の魅力が見えてくる(表2-1、2-2)。今回の調査で、「在学中の資格取得に積極的である」は、北関東編では足利工業大学が、甲信越編では上越教育大学がそれぞれ第1位を獲得した。また、北関東編の地域連携に関する項目では、「地域産業に貢献している」第1位に群馬大学が、「地域社会・文化に貢献している」第1位に茨城大学がランクインした。甲信越編では、長岡技術科学大学が「時代を切りひらいている」、「就職状況が良い」「高い専門性、専門知識を有する」など8項目で首位となり、それぞれの大学の魅力が明らかになっている。

@Press

トピックスRSS

ランキング