All About初のアワード企画「国民の決断2013」今年特徴的だった10の「コト」ランキング 1位は医療の新たな局面「未来予期治療」

@Press / 2013年11月19日 16時0分

総合情報サイト「All About」を運営する株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:江幡 哲也)は、今年、生活者にとって特徴的だったと思われる“コト”について、「就職・転職・スキルアップ」、「結婚・離婚・再婚」、「妊娠・出産」、「子育て」、「住まい」、「マネー」、「健康」、「老後」、「ライフスタイル」、「趣味(旅行)」の10部門において、800名以上のガイド(専門家)とともに審議を行い、ランキング形式にて発表いたします。

人は、生まれてから死ぬまでに多くの「決断」の場面に遭遇します。このアワードを経て、人生の様々な「決断」に対し、All AboutやAll Aboutガイドが解決の糸口を提供していくことで、より多くの人が満足のいく「決断」ができるよう、支援していきます。

【特設ページ】 http://allabout.co.jp/award/2013_kokumin/


【総合ランキング】
1位 未来予期治療 (健康部門)
2位 検索ママのスマホ消費 (ライフスタイル部門)
3位 休眠投資家の再起動 (マネー部門)
4位 「中古でいい」から「中古がいい」へ (住まい部門)
5位 自己表現起業 (就職・転職・スキルアップ部門)
6位 子供に頼らない自立型老後 (老後部門)
7位 堂々再婚 (結婚・離婚・再婚部門)
8位 夫婦で挑む不妊治療 (妊娠・出産部門)
9位 0歳からの英語教育 (子育て部門)
10位 スロー&リッチな旅 (趣味(旅行)部門)


【詳細】
1位 「未来予期治療」(健康部門)
今までの医療は、診断に対する「治療」、さらに「早期発見」、また“集団”に対しての「予防」であったのに対し、“個人”が未来を予測し手を打つ医療へと進化してきました。その一例が、5月に公表されたハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが乳がん予防のために受けた両乳房切除及び再建手術です。未来の自分が罹りそうな病気を見据え、治療を施す決断をする人は今後一層増えていくと思われます。

2位 「検索ママのスマホ消費」(ライフスタイル部門)
今では主婦の2人に1人がスマホを使用しています。これまで、インターネットは家族で所有しているパソコンを使うしかありませんでしたが、自分のスマホで自由自在に使えるようになり、家計管理アプリやネットスーパーが多く活用されるなど、主婦の消費行動に大きな変化が現れてきています。

@Press

トピックスRSS

ランキング