飲む育毛剤がコンセプトのサプリメント『リバイブヘアーEX』がバージョンアップ

@Press / 2013年11月19日 9時30分

リバイブヘアーEX 外箱
オフィスエルピス(所在地:東京都杉並区、代表取締役社長:佐野 正弥)は、2008年から販売している育毛サプリメント『リバイブヘアーEX』をバージョンアップしました。今回のバージョンアップは5度目となります。性能アップを目的に、お客様の声や感想をもとにし、不定期に配合成分を変更しています。

URL: http://xn--t8j4aa4n718ns65a8q4a.com/


■『リバイブヘアーEX』の3つの特徴
・薄毛因子を分泌する男性ホルモンの抑制
人間は男女共に「男性ホルモン」と「女性ホルモン」の両方を保有しますが、性別の差は男性ホルモンまたは女性ホルモンの占有率の違いです。しかし性別に関わらず生活習慣や体質、またストレスにより男性ホルモンの分泌が高くなると言われています。
男性ホルモン分泌量が高まると脱毛因子であるDHT(デヒドロテストステロン)と呼ばれる物質が生成され抜け毛と脱毛が誘発されます。そして数年かけて薄毛が進行します。リバイブヘアーEXは、この脱毛の原因となる5αリダクターゼの作用を抑えることで毛乳頭の増殖が阻害されないよう働きかけます。

・血流促進
髪を育てるために大切なのが毛母細胞の健康ですが、毛母細胞に栄養をしっかりと届けるためには毛細血管の循環が良くなければなりません。リバイブヘアーEXはカプサイシンを成分に含有し、血流促進に貢献します。

・髪の成長に必要な酵素を摂取できる
髪は18種のアミノ酸で構成されています。その中でシスチンというアミノ酸が14-18%を占めています。つまり、シスチンを中心にアミノ酸を髪に与えてあげることが髪を丈夫に育てるためのポイントになります。リバイブヘアーEXは、このシスチンを中心に天然成分をバランスよく配合しています。


■プエラリア・ソイポリア・ノコギリヤシで薄毛因子を抑制
近年の研究で明らかになっているのは、どんなに薄毛防止に良いと言われる成分でも、身体に効率よく吸収されなければ効果が無いということです。つまり実験上では薄毛因子に効果があると言われていても、実際に身体に取り込まれたときに、どれだけ他の成分と共に、身体が効率よくどこまで成分を吸収できるかがポイントになります。最新の育毛研究では、プエラリア・ソイポリア・ノコギリヤシを一定のバランスで組み合わせることで、薄毛因子の抑制が強いことが分かってきました。
リバイブヘアーEXは、これら3つの主成分を黄金比率で組み合わせ、さらに吸収率をあげるために野菜酵素を組み込みました。そのほか、毛母細胞を強化するためのビタミンB群、髪の強化のために多量のシルクアミノ酸等を配合しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング