不動産業務支援WEBサービスを展開するイタンジ、総額3億円の資金調達を実施

@Press / 2013年11月22日 16時0分

「HEYAZINE」ロゴマーク
イタンジ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:伊藤 嘉盛、以下 イタンジ)は、株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:堀 義人)、ニッセイ・キャピタル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:有馬 英二)及びSMBCベンチャーキャピタル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:勝川 恒平)の3社を割当先とする、総額3億円の第三者割当増資を実施致しました。


イタンジは、管理会社と直接つながる賃貸ポータルサイト「HEYAZINE」と、不動産業務支援クラウドシステム「REcS」の2つのサービスを提供しています。これらのサービスを通じ、不動産業界の既存の情報流通構造を効率化することによって、エンドユーザーの利便性を向上すると共に不動産業界全体を活性化することを目指しております。HEYAZINEは2013年3月のサービスリリースから約9ヵ月で、2,000店舗を超えるお客様にご利用いただいており、またREcSは2013年11月より業者間流通機能(β版)と無料で利用できるフリープランを新規リリースするなど、今後も当分野に特化したサービスの充実、拡大を図ってまいります。

今回の資金調達で、更なる経営基盤の強化を図ると共に、システム開発人員の拡充、サービスの利便性向上、マーケティングの強化等を行っていくことを予定しています。


■賃貸情報ポータルサイト「HEYAZINE」について
HEYAZINEは、空室情報の大元である管理会社・元付会社からの情報掲載に限定した賃貸情報ポータルサイトです。管理会社・元付会社とエンドユーザーが直接繋がることにより、より早くて正確な情報に基づいた効率的なお部屋探しが可能となり、また、初期費用の割引を受けられる可能性も高まります。エンドユーザーが、インターネット上で住みたい物件をきちんと自分で探せるような世の中を目指します。

「HEYAZINE」 http://heyazine.com/


■不動産業務支援クラウドシステム「REcS」について
REcSは、不動産会社向けに物件管理機能、顧客管理機能、業者間流通機能を提供するクラウド型業務支援システムです。「無料から使える」という極めてリーズナブルな価格にて、不動産会社を悩ませてきた手入力作業を効率化します。特に、2013年11月よりリリースされた業者間流通機能は、取引関係にある不動産会社同士をネットワークで繋ぐことにより、不動産会社間でのより効率的な情報流通を可能とします。

「REcS」 http://recs.bz/


【イタンジについて】
イタンジは、ITを使って不動産業界に革新をもたらすことを目的として設立されました。「住む場所」はすべての人々の生活にとって、もっとも重要な要素のひとつです。不動産業界をITによって活性化することで、人々の暮らしをより健康で豊かなものにすることが、私たちのミッションです。

会社名  :イタンジ株式会社( http://itandi.co.jp/ )
本社所在地:東京都港区麻布十番3-6-2 NS麻布十番ビル 6F
代表者  :代表取締役CEO 伊藤 嘉盛
事業内容 :不動産ポータルサイトHEYAZINEの運営、不動産業務支援クラウドシステムREcSの提供

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

「REcS」ロゴマーク

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング