~明るい未来を作ろう in ラオス~ イートアンド、ラオスにて中学校開校式を開催!2013年11月より「笑顔を届けようプロジェクト」始動!

@Press / 2013年11月21日 9時30分

ラオス開校式(1)
このたび、イートアンド株式会社(東京ヘッドオフィス:東京都港区 代表取締役社長:文野 直樹)は、2012年11月10日より始動した「中学校建設プロジェクト~明るい未来を作ろう in ラオス~」において、現地に中学校を建設し、開校式を開催いたしました。

イートアンドでは、「11月10日」を「イートの日」としております。2013年11月10日の「イートの日」では、建設完了と開校式を記念し、一部直営店にてご来店いただいたお客様へ感謝の気持ちを込めて、イベントを開催いたしました。また、併せて「笑顔を届けようプロジェクト」を始動することとなりました。なお、この企画はイートアンドの若手社員中心のプロジェクト(Keep On Challenging Project)によって運営しております。


【中学校建設プロジェクト~明るい未来を作ろう in ラオス~】
■ラオスにて中学校開校式を開催!
2013年11月3日(日)、現地にて開校式が開催され、Keep On Challenging Projectメンバー2名が現地に赴き出席いたしました。

*中学校概要
・中学校名:ビエンカム中学校
・所在地 :ラオス人民民主共和国サラワン県サラワン郡ビエンカム村
・規模  :4教室、1教員室、最大140名の子どもたちが通学可能


■本プロジェクトの背景
イートアンドの“食を通じて生活文化の向上に貢献する”という理念を実践するため、2011年に第一弾としてタイ王国の山村であるアーイエ村に小学校を建設いたしました。また、学校建設後も現地住民の自立支援として、コーヒー豆のピーリングマシーンの寄付を行いました。
そして今回は学校建設の第二弾として、中等教育の充実による自立支援を目的に、アジア最貧国の一つとされるラオスに中学校を建設いたしました。


■年間を通じての活動
一部の直営店舗に募金メニューを設定し、その売上の一部を中学校建設資金に活用させていただき、募金箱も設置いたしました
・実施期間:2012年11月10日(土)~2013年10月31日(木)

「中学校建設プロジェクト~明るい未来を作ろう in ラオス~」に関する詳細は、当社ホームページにてご覧いただけます。
( http://www.eat-and.jp/csr/jhschool/index.html )


【笑顔を届けようプロジェクト】
■本プロジェクトの概要
・実施期間:2013年11月~2014年10月
・実施内容:毎月1回、児童養護施設へキッチンカーで訪問し焼餃子を振舞います。


■本プロジェクトの背景
2011年より毎年1回、「子どもの夢イベント」と称しまして、児童養護施設の子どもたちをイートアンド大阪オフィスにお招きし、餃子巻き体験教室ならびに試食を開催しております。施設の先生方からは、子どもたちが毎年楽しみにしていることやイベントに参加したことによって「料理人になる」ことを夢に掲げる子どもも出てきたことなどを、都度お話しいただいております。施設により状況は異なるものの、児童養護施設で生活をする子どもたちがプロの料理人やその味に触れる機会は比較的少ないといえます。本プロジェクトによって非日常的なイベントと美味しい焼き立ての餃子を届けてまいります。


イートアンドは今後も、企業理念である「夢と楽しさと命の輝き」を大切にし、「食文化の創造」を通して生活文化の向上に貢献するとともに、お客様に「食:EAT」+「&」のご提案をしてまいります。


【会社概要】
商号 : イートアンド株式会社
所在地: (東京ヘッドオフィス)
     〒105-6018 東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー18F
代表者: 代表取締役社長 文野 直樹
設立 : 1977年8月(創業 1969年9月)
資本金: 4億5,674万円(2013年3月31日現在)
URL  : http://www.eat-and.jp/

<事業内容>
「大阪王将」FC本部の運営、ラーメン専門店「よってこや」FC本部の運営、太陽の恵み味「太陽のトマト麺」本部の運営、中国創作料理「シノワーズ厨花」の運営、パン屋カフェ「コートロザリアン」の運営、加盟店向けの食材の製造・卸及び販売、全国の生協・量販店向けの商品の製造及び販売

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

ラオス開校式(2) キッチンカー 餃子

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング