マグネシウムボディ採用の発展型デジタルプロセッサー「STATE A6」「STATE A6 pro」を新発売

@Press / 2013年11月20日 10時30分

マルチプロセシングDACシステム「STATE A6」
ビーウィズ株式会社(本社:佐賀県鳥栖市、代表取締役:中島 敏晴)は、3Way・6ch構成の単体デジタルプロセッサーであると同時に、複数台を組み合わせて性能と機能をさらに拡張できるマルチプロセシングDACシステム新製品「STATE A6」「STATE A6 pro」の2機種を、来春より全国のBEWITH製品取扱販売店で発売いたします。なお、「STATE A6」は単独使用に最適化した標準ソフトウェア搭載モデル、また「STATE A6 pro」は複数台使用が可能な拡張ソフトウェア搭載モデルです。

マルチプロセシングDACシステム「STATE A6」(標準ソフトウェア搭載モデル)
来春発売予定

マルチプロセシングDACシステム「STATE A6 pro」(拡張ソフトウェア搭載モデル)
来春発売予定


【「STATE A6」「STATE A6 pro」 新製品概要】

今回発売する「STATE A6」(標準ソフトウェア搭載モデル)および「STATE A6 pro」(拡張ソフトウェア搭載モデル)は、従来のカーオーディオコンポーネントの常識を覆す革新的なシステム性によって数多くのカーオーディオ愛好家の皆様からご支持いただいてきた「BEWITHSTATE」を全面改良したマルチプロセシングDACシステムの第二世代機です。「STATE A6」「STATE A6 pro」とも、最大3Way・6chのマルチチャンネルシステムを1台で構築できる高品位なプロセッサー&D/Aコンバーター機能や、既発売のミラー型リニアPCMプレーヤー「STATE MM-1D」をデジタルダイレクト接続できるMLリンクコネクターを搭載。さらに拡張ソフトウェア搭載モデルの「STATE A6 pro」では、最大10台までの本機をMLリンク経由で有機的に結合・連動させ、機能と音質をさらに高めることができるほか、単独使用時にもプロセッサー調整ポイントの細分化など内蔵機能のカスタマイズを行うことができます。なお、「STATE A6」をお買い上げのお客様を対象とした「STATE A6 pro」への有償アップグレードサービスも別途提供する予定です。(価格・時期未定)


【「STATE A6」「STATE A6 pro」 主な特徴】

1. 初代「BEWITHSTATE」の基本機能を踏襲しながら内部構成を一新

2010年7月の発売以来、プロセシングDACシステムの第一号機としてご好評をいただいてきた初代「BEWITHSTATE」の優れた基本機能を踏襲しながら内部構成を一新し、さらなる高音質と拡張性を追究。新日本無線株式会社との共同開発によるBEWITHオリジナルオペアンプ「BS04型」をアナログオーディオ回路の各チャンネルに1基ずつ(計6基)搭載して音の純度を磨き上げたほか、メモリーチップの大容量化や制御ソフトウエアの全面改良により拡張性や調整のしやすさも向上させました。

@Press

トピックスRSS

ランキング