業界初!オフィス・店舗物件向け保証サービス『保証定額プラン』の全国展開を開始

@Press / 2013年11月22日 10時0分

株式会社日本商業不動産保証(所在地:東京都港区、代表取締役社長:豊岡 順也、以下「当社」)は、株式会社ゼウス(所在地:福岡市中央区、代表取締役社長:笠 清太、以下「ゼウス」)の加盟店である全国の地場大手不動産会社に対し、入居促進につながる新サービス『保証定額プラン』(以下「本サービス」)の提供を2013年11月20日より開始いたしました。


テナント企業がオフィスや店舗を借りる際、不動産オーナーはテナント企業より保証金・敷金を預かりますが、昨今減額交渉により不動産オーナーの想定よりも低い金額で決着し、賃貸借契約を締結している状況が続いています。本サービスを活用することで、不動産オーナーは減額した保証金・敷金分のリスクを回避でき、なおかつテナント企業の誘致に有利になります。テナント企業にとっては、相場よりも低い保証金・敷金で移転・出店ができるので手元に残った資金を本業に使うことができます。

アベノミクスにより日本経済は上昇傾向にあると言われていますが、企業体力が完全に回復しているとは言い切れません。両者ともにメリットがある本サービスを利用することにより景気回復の流れにのる企業を増やすとともに、各地域の活性化と空室率上昇に歯止めをかけることに貢献してまいります。


■『保証定額プラン』とは
不動産オーナーが保証金・敷金の金額を減額してテナント企業を誘致し、その後不払賃料の発生やテナント企業の倒産など不測の事態に陥った場合、不動産オーナーは減額した保証金・敷金分のリスクを全て背負うことになってしまいます。このようなリスクを回避するために、このたび50万円、100万円、150万円、200万円の4つの定額から選べる保証プランの提供を開始いたしました。
当社は『保証金半額くん』サービスの提供を行っておりますが、地方では保証金・敷金の金額を既に必要最低限以下に設定している不動産オーナーが多く、保証金・敷金を半分保証するだけではリスク回避できない状況が目立っています。当社では今後も、各地域に合わせた保証プランを提供することにより、不動産オーナーとテナント企業がともに誘致・進出のしやすい環境を整えたいと考えています。
なお、本サービスの適用にあたり、入居希望のテナント企業は事前に当社の審査を受ける必要があります。


■ゼウス加盟店
東北~九州までの地場大手不動産会社14社が加盟(2013年11月20日現在)。
現在は大都市圏を中心に運営しており、順次2年以内に全国60社のネットワークを構築する計画です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング