老舗出版社 銀の鈴社が“児童書・絵本・詩集専門の電子書籍ストア”開設!やなせたかし、谷川俊太郎、橋立悦子などの名作300作品を展開

@Press / 2013年11月22日 11時0分

「銀の鈴社 電子ブックストア」ロゴ
詩集・児童書の老舗出版社である株式会社銀の鈴社(代表取締役:西野真由美)は、2013年11月22日より、詩集・児童書・絵本の専門電子書籍ストアである「銀の鈴社 電子ブックストア」を開設することを発表しました。

オープン時には井上靖の現存する唯一の詩集をはじめとする約300冊で展開し、順次EPUB3形式で電子書籍化してまいります。欧米では詩集が書棚にどれだけあるのかがその家庭の文化度のバロメータと言われていますが、優良コンテンツの普及促進のために、販売価格を低く抑え、紙書籍の約3分の1にて展開します(約66%廉価な価格設定)。

電子書籍用標準フォーマットであるEPUB3形式を採用することで、パソコンやタブレット、スマートフォンなどでより快適に読書を楽しむことができるものです。電子書籍専門店サイトは『コンテン堂モール』を採用しています。

将来は、当社のコンテンツ配信に留まらず、当該分野を盛り上げる意味で幅広い出版社のコンテンツを取り扱うことも視野に入れていきたいと考えております。

「銀の鈴社 電子ブックストア」URL: http://www.contendo.jp/ginsuzu/


「詩集や児童書は、総合型の電子書籍ストアでは、コミックや写真集などのコンテンツに紛れがちで、その誘惑に抗う読者層を充分に拾い上げることが難しい傾向にあります。銀の鈴社では、電子書籍でも童話や詩集、児童書などの専門店を展開することで、親子で安心して同ストアサイトを訪問でき、書店や図書館へのアクセスが困難な人達へのコンテンツ提供の手段としても、専門店化が必要と判断しました。」と株式会社銀の鈴社 取締役 西野大介は述べています。

「日本図書館協会や全国学校図書館協議会などで選定され、公共図書館や学校図書館、教科書にて採用されている優良コンテンツを電子書籍化することで“後世に残していく”ことへの道筋にもなると考えています。紙書籍や鎌倉で展開するギャラリーなどのリアルな展開と電子書籍を上手くコラボレーションできるように老舗の出版社である当社は歩み続けていきます。」と株式会社銀の鈴社 代表取締役 西野真由美は述べています。


【オープン記念キャンペーン】
<電子版購入で紙書籍(同タイトル)を200円OFF>
キャンペーン期間: 11月22日(金)~12月27日(金)
対象      : 鎌倉の銀の鈴社ギャラリー来店者のみ
          ※売り切れの場合があります。水曜日定休日
アクセス    : http://www.ginsuzu.com/access/index.html

@Press

トピックスRSS

ランキング