シニアの就労支援に取り組む東冠幸齢倶楽部、“老い支度”をサポート 幸齢大学「終活講座」を11月24日、12月1、8日に東京・埼玉で開催

@Press / 2013年11月22日 14時30分

冠婚葬祭業を本業としている株式会社東冠(所在地:東京都足立区、代表取締役社長:永島 健次)のシニア世代のいきがい創出をサポートする事業部「東冠幸齢倶楽部」は、2000年に発足して以来、地域のシニアの抱える問題やニーズに対応した勉強会等イベントを継続的に展開し、11月24日・12月1日・12月8日に幸齢大学「終活講座」を東京・埼玉にて開催いたします。

詳細
http://www.tokangroup.co.jp/kourei/anshin/college/shukatu.html


1) 地域の元気な高齢者へ就労機会を提供
2013年3月、地域の元気な高齢者への就労機会提供による社会貢献事業として、東冠幸齢倶楽部では新しい取組みを立案し「年金以外の収入を得るお仕事説明会」を各地で実施。名称は「めーぷるメイト」とし、希望者を募って5月から活動開始しました。
住まい近隣の希望エリアで、自分自身の足腰強化、健康生活維持のため、まずは運動がてら散歩コースのポスティングから活動をしている仲間が、現在38名登録しております。年齢は60歳から83歳までの男女。現在、仲間募集のチラシを見ての問い合わせも多く、時代のニーズに後押しされる大きな反応があります。当倶楽部では、随時面談にて主旨を説明し登録を受け付けており、年内に9か所の拠点で100名の登録をめざしています。今後の構想としては、一民間企業ではありますが、行政の目指す方向性に共感し、地元に「シニアの集うコミュニテイカフェ」を展開して、「高齢者を一人にしない活動」のキーステーションとして社会問題の解決の一助となる活動を継続していく予定です。東武スカイツリーライン沿線の足立区、草加市、越谷市、春日部市を中心に展開中で、年内中に北越谷、2014年には足立区花畑にカフェのオープンを予定しています。


2) 高齢者の老い支度支援「終活勉強会」でめーぷるメイトが講演
2013年11月24日から3回にわたって当倶楽部が主催する「老い支度サポート終活イベント」で、「生きがい・働く喜び」をテーマに、実際に活動しているめーぷるメイトの一人(83歳女性)に講座で体験談を話してもらいます。会場では老い支度の専門業者、士業の先生に交じって「めーぷるメイトのブース」を出し、積極的に仲間を募集する予定です。イベント名は、幸齢大学「相談のできる終活講座」で、「親のこと、自分のこと、それぞれの終活」と題し、主体的に学ぶことを啓蒙します。

@Press

トピックスRSS

ランキング