「SSDSpecial」の東京都立産業技術研究センターにおけるSSD消去試験終了!

@Press / 2013年11月27日 16時0分

データ完全消去ソフト・機器の専門製造会社であるオリエントコンピュータ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:金澤 歓喜、以下、オリエントコンピュータ)は、当社製品「PEE(Perfect Easy Eraser)5」、PCセキュリティーシステムの「アルティメットパック」によるSSDデータ消去試験を東京都立産業技術研究センターに依頼、2013年11月11日に試験を完了し、同18日に報告書を受領しました。

SSDはHDDとは違い、メモリの消耗を均一化するため、同じセクターへの上書消去ができません。そのため、SSDには「Secure Erase」という機能が内蔵されています。

しかし現在、多くのPCではSecure Erase機能の利用がロックされています。また古いSSDでは機能自体がない場合もあり、Secure Erase機能を利用できる場合、できない場合の両方での対応が必要でした(さらに、ウェアレベリング、論理ブロック・物理ブロックの違いもあります)。

オリエントコンピュータは、データ消去ソフト開発会社の国内パイオニア企業として、この完全対応に取り組み、SSD用新消去方式の「SSDSpecial」を完成、Secure Erase機能の有無によらないSSDの消去法を確立しました。

既に2013年9月5日に、大阪の同種公的試験機関でSecure Erase機能を拡張した「Secure Combo」方式での消去実験を終了しており、今回の東京都立産業技術研究センターによる「SSDSpecial」の消去実験終了により、SSD消去法の確立と国内公的試験機関での試験をすべて終了したと考えています。

内蔵のディスクがHDDかSSDかによらず、PCを廃棄、もしくは再利用される際には当社製品の「PEE5」をご利用頂くことで、ほぼ全てのPCでのソフトウェア消去が可能です。
※SSDの削除ができない特殊なPCをご利用の方は、当社でご相談を承ります。


■当社のSSD消去が可能な製品について
・PEE5
http://www.orient-computer.co.jp/om/pee/buy.html
・アルティメットパック
http://www.orient-computer.co.jp/om/ultimate/


製品に関するご質問等がございましたら、お気軽に当社へご相談下さい。
TEL   :06-6966-1665
受付平日:9:00~17:00


■オリエントコンピュータについて
オリエントコンピュータは1992年に設立、デュプリケータの輸入販売から事業を開始しました。その後はPCからの情報漏洩を防止するためにHDDを磁気消去する世界で初めてのログ管理システムハードディスククラッシャーの開発、世界最多消去システムのデータ消去ソフトの開発、特殊USBメモリによるストレージ、データセンター内での安全なデータ移動システムの開発などを行っております。
そして、セキュリティに関するさまざまな製品の開発に取り組み、スキミング対策・電磁波防止製品の開発・販売(SKIM BLOCK)、世界初のダウンロードによる機能、自動データ消去システムが可能な指紋認証USBの開発、データセンター向けRAIDやFC対応の大量データ消去システム構築、国内初めてのSSDデータの公的機関での認証、ハードウェア・ソフトウェア両方のログ管理システムの開発、リサイクルボックス(特許取得)利用の環境ビジネスシステムなどを行い、その他、企業に合わせたセキュリティソリューション提案を提供し続けています。


■会社概要
会社名: オリエントコンピュータ株式会社
代表者: 代表取締役社長 金澤 歓喜
所在地: 〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-20-12 山口ビル2F
URL  : http://www.orient-computer.co.jp

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング