アルファサード、導入実績800サイトのCMSの最新版「PowerCMS 4」を発表 より大規模なサイト運用に最適化

@Press / 2013年11月25日 12時0分

カスタマイズが容易な新しいダッシュボード
アルファサード株式会社(所在地:大阪府大阪市、代表取締役:野田 純生)は、CMS製品「PowerCMS」の最新版である ver.4 の提供を12月3日より開始いたします。

「PowerCMS」
http://www.powercms.jp/


「PowerCMS」は日本国内で高いシェアを誇るCMSソフトウェア「Movable Type」をハイエンドCMS製品並みの高性能・高機能化するソリューション製品です。このたび「Movable Type6」の提供にあわせて、より大規模なサイトの構築・運用に最適化されたバージョンとして生まれ変わりました。


【PowerCMS ver.4の特長】
<分散処理のサポート・高速化>
PSGI/FastCGIサポート。ソースコード改良、インテリジェントなキャッシュ機能、分散処理サポートによって、より高速に動作し、より大規模なウェブサイトに最適化されました。

<ダッシュボードをわかりやすく>
管理画面のトップ画面に着目。よく使う画面へのショートカットや外部サービスへのリンクなどを並べられるカスタムダッシュボードでCMSユーザーへのおもてなしを実現します。

<ヘルプセンター>
テンプレートタグ、環境変数リファレンスをいつでも検索可能。サポートへの問い合わせも管理画面から簡単におこなえます。環境情報などをサポートと共有する新機能により、障害対応をよりスムーズに行えるようになりました。

<アイテム管理機能を強化>
複数のウェブサイト共通で利用可能なアイテム(ライブラリ機能)、アップロードファイルの公開期間指定と閲覧制限機能でミッションクリティカルなサイト運用をサポートします。アップロードしたファイルは公開日時まで閲覧を制限できます。

<あらゆるドキュメントを賢くサーチ>
HTML、PDF、Microsoft Office 97-2003文書に加え、最新のMicrosoft Office Open XMLフォーマットに対応。プログラムをいっさい書かずに様々な条件を指定した高速ドキュメントサーチをサイトに組み込めます。(Enterprise版及びAdvanced版の機能)

<プラグイン管理機能>
CMS管理画面からプラグインを管理。インストール、アンインストール、リモートインストールも可能なプラグインマネージャ。セキュリティアップデートやバージョンアップも管理画面から適用可能になりました。もちろん、ロールバックもサポートします。

@Press

トピックスRSS

ランキング