大学初!日本福祉大学への願書出願が、開発途上国の子どもの未来へつながる「ワクチンを届ける 国際協力出願」となる活動を開始

@Press / 2013年11月27日 10時30分

国際協力出願
学校法人日本福祉大学(1953年開学、本部: 愛知県知多郡美浜町、学長:二木 立[にき りゅう])は、学園創立60周年を迎えた2013年の今年、受験生の皆様からの出願数に応じて、開発途上国の子どもたちへワクチンを届ける「ワクチンを届ける 国際協力出願」の活動を始めます。


「ワクチンを届ける 国際協力出願」は、受験生の「1出願」に対して、日本福祉大学が子ども一人分の「1ワクチン」を寄付する活動です。
日本福祉大学のめざす福祉は「ふくし※=すべての人が幸せに生きられるようにすること」であり、その中心にあるものは「いのち」「くらし」「いきがい」と捉えて、日本の福祉を支えるべく、人材を育成してきました。
学園創立60周年を機会に、世界基準の「ふくし」を考え、次世代の「ふくし」を築いていくスタートとしてワクチンを必要としている開発途上国にワクチンを支援し、海外の子どもの命と未来を支えていく活動を開始します。また、これから福祉を学んでいく受験生にも、海外に目を向け、広い視野を持つきっかけにしてほしいという想いから、この取り組みが生まれました。

2013年12月26日からスタートする「大学入試センター試験利用入学試験」の出願と、2014年1月3日からスタートする「一般入学入試」の出願を対象として、願書受付期間締切後に通学課程すべての学部における出願数を集計します。
出願数=ワクチンの提供人数として、ワクチンの種類と個数及び寄付金の金額を確定、ワクチン代を認定NPO法人「世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)」(以下 JCV)へ寄付します。JCVを通じて開発途上国の子どもたちへワクチンを支援していきます。

日本福祉大学は、日本で初めて社会福祉学部を有する4年制大学として開学し、日本の社会福祉の先駆者の養成と、日本の福祉を支える人材を育成し輩出してきました。世界のどこよりも早く超高齢社会となる日本は、より広い分野で福祉が求められてきます。
これからも、地域に根ざし、世界を目ざす「ふくしの総合大学」として、リードしていきたいと考えています。

※ 日本福祉大学では、福祉を「ふくし」とひらがなで表記することで、介護だけではない幅広い意味と様々な分野での展開をもたせたいと考えています。


■ ワクチン支援の流れ
願書受付期間は2013年12月末~2014年3月初旬、出願締切後に通学課程すべての学部における出願数を集計します。出願数確定後寄付するワクチンの種類を決定、出願数=ワクチンの提供人数としてワクチン代を算出し確定します。
ワクチン代はJCVへ寄付し、JCVを通じ各国へワクチンを支援します。

@Press

トピックスRSS

ランキング