ペンティオ株式会社、USBトークンを使ってWindowsログオンをスタンドアロンで実現する『EIDAuthenticate日本語版』を提供開始

@Press / 2013年11月27日 9時30分

Windowsログオンユーザの証明書選択
デバイスを利用した認証製品開発・ソリューション提供のペンティオ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:長谷川 晴彦、以下 ペンティオ、URL: http://www.pentio.com )は、Windowsログオンをスタンドアロンで実現するソフトウエア『EIDAuthenticate(イー・アイディ・オウセンティケート)日本語版』の提供を開始します。
この『EIDAuthenticate日本語版』は、ソフトウエア開発をMySmartLogon社(本社:フランス、CEO:Vincent Le Toux)が担当し、日本語化はペンティオが担当した製品で、日本での販売はペンティオが独占的に行なうものです。

本製品の詳細は下記をご覧下さい。
http://www.pentio.com/pki_solution/eidauthenticate/


【背景】
Windowsログオンは、パソコン利用者認証の要でありながらパスワードを手で入力する方法が一般的で、ある人のWindowsログオンのパスワードを別の人が利用したり、Windowsログオンしたままのパソコンを複数人が利用したりする不正な運用がなされることがあり、その結果セキュリティトラブル発生が後を絶ちませんでした。
そこでペンティオは、EIDAuthenticate日本語版を利用したWindowsログオンを、物理鍵としてUSBトークンを利用する認証をご提案します。

これまでは、Windowsログオンを物理鍵で利用できるようにする方法は2種類(スマートカードログオン方式と独自ログオン方式)あり、このうち強度の高いスマートカードログオン方式は、Windows ServerやActive Directoryを利用した大がかりなシステム構築が必要でした。
そこでペンティオでは、中小企業法人、弁護士・会計士・税理士など士業の方々、小中学校の文教現場にスタンドアロンで利用できる簡便なパソコン管理をご提供いたします。


一人ひとりのパソコンにこの『EIDAuthenticate日本語版』をインストールすると、Windows内のコントロールパネルにソフトウエアが搭載され、Windowsセキュリティとして機能します。数クリックでご自身のログオンユーザとUSBトークンとをペアリングして、USBトークンの抜き差しでWindowsログオン・ログオフが可能になります。


【製品の特長】
■Windows 8.1、Windows 8、Windows 7に対応
『EIDAuthenticate日本語版』は、最新のWindows 8.1、Windows 8.1 Pro、Windows 8.1 Enterpriseはもちろん、Windows 7各エディションで利用することができます。また、パッケージに付属するUSBトークンもWindowsで利用することができます。

@Press

トピックスRSS

ランキング