都内人気スポットではauが最速!年末年始の都内人気スポットで新iPhoneの通信速度を調査

@Press / 2013年11月27日 15時0分

調査結果1 初詣スポット
フィールドマーケティング・フィールドリサーチの株式会社マックスは、東京都内において「初詣」「買い物」「レジャー」「イルミネーション」のテーマ別各10箇所の人気スポットで新iPhone(iPhone 5c)の通信速度調査を実施。大型連休となる今年の年末年始。神社や百貨店、レジャー施設など多くの人出が予想される人気スポットで、最も通信速度が速く、快適に使えるのはどのキャリアのiPhoneか調査しました。


【調査方法】
■調査場所
東京都内のテーマ別人気スポット計40カ所(詳細は下記参照)

■調査方法
通信速度計測アプリ「RBB TODAY SPEED TEST」を利用。ドコモ、au、ソフトバンクのiPhone 5cで、それぞれ同条件下でダウンロードスピードを3回計測し、その平均値を実測値とする。LTE通信での計測を基本としているが、LTEを捕捉しない場所では3G通信で計測し実測値とする。

■調査期間
2013年10月24日~11月14日


【調査結果全体】
40箇所中32箇所(全体の80%)でauが通信速度No.1を記録。2位がソフトバンク、ドコモは3位に。

初詣スポット、買い物スポット、レジャースポット、イルミネーションスポットいずれも「auの圧勝」という結果で、全調査場所の80%で通信速度1位を獲得。対してソフトバンクの1位獲得場所は5箇所、ドコモは3箇所にとどまり、通信速度においては歴然とした差が生まれています。特にドコモは、全体的に通信速度が遅く、ひと桁台の速度が目立っています。

auでは「800MHzのプラチナバンドLTE」の拡充が他キャリアよりも大きく先行。プラチナバンドは高速の電波が建物や障害物を回り込み、すりぬけて届くため、ビルの乱立する都内でつながりやすく、各社のプラチナバンドLTEへの取り組みの差が下記結果に結びついたと考えられます。
各社がしのぎを削って整備を進めているLTEのネットワーク環境は、現状ではauが一歩リードしていると言え、新iPhoneを購入する際にはぜひ参考にしたい調査結果となっています。


【調査結果1 初詣スポット】
年末年始にかけて多くの人出がある都内の神社や寺院では、10箇所中 7箇所でauが1位に。中でも「浅草寺」では最高速度の43.94Mbpsを記録。
※大晦日~元旦は各キャリア一時的に通信規制が行われることがあります。
調査結果1 画像: http://www.atpress.ne.jp/releases/41072/1_1.jpg

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング