日本製超小型3Dプリンタを12月6日より発売!79,800円から

@Press / 2013年12月2日 11時30分

BS01(アップルグリーン)
ボンサイラボ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:大迫 幸一)は、超小型3Dプリンタ【BS01】(通称:BONSAI Mini)をSラボ有限会社(本社:京都府長岡京市、取締役:柚山 精一)と共同開発し、2013年12月6日よりきびだんご株式会社(所在地:東京都目黒区、代表取締役:松崎 良太)が運営するクラウドファンディングサイト「kibidango(きびだんご)」で販売受付を開始します。

ボンサイラボ: https://facebook.com/bonsailab
kibidango  : http://kibi-dango.jp/


日本の住環境に配慮した、25センチサイズのコンパクトでカラフル、地球環境に優しい木製フレームを採用し、高い基本性能を持つ3DプリンタBS01(通称:BONSAI Mini)を日本で初めて(※)クラウドファンディングを通じて販売いたします。
米国をはじめ、学校教育に3Dプリンタを導入する動きが世界で加速する中、『日本中の先生たちに使ってもらいたい』『日本中のこどもたちに広めたい』という想いから開発・製造したもので、価格は税・送料込みで79,800円~とメイド・イン・ジャパンモデルとしては珍しい10万円を切る価格設定としました。

※ボンサイラボ調べ


【BS01(BONSAI Mini)の特長】
1.超小型・省スペース
自宅で、オフィスで、学校教育の現場でお使いいただけます。わずか25cm四方(高さ27cm)で、場所を選ばないコンパクト設計です。また、カラフルな木製フレームの採用により親しみと可愛らしさを表現しています。

2.安心のメイド・イン・ジャパン
開発から組立、サポートまで日本語で対応。一般的にトラブルで多く見られるノズル詰まりを防ぐための構造設計です。万一ノズルが詰まった際に交換が簡単で、ノズルパージキット(ノズル清掃キット)も標準付属しています。
3Dプリンタのユーザーコミュニティを開設し、ユーザーに最新の技術情報やトレンドを最短で共有していきます。トラブルも共同で解決ができます。

3.地球環境に優しい木製フレームの採用とカラフルな5色展開
地球環境的視野から未利用資源が主な原材料であるMDF合板を採用しているため、加工しやすく強度・耐久性に優れています。外装には環境配慮型の水性塗料を採用しています。

<カラーバリエーション>
PCとの親和性を考えたウォームグレー
インテリアになじむオフホワイト
暖かみあるトレンドカラーのフレッシュ・ベリー
遊び心をくすぐるアクアブルー
瑞々しいアップルグリーン

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング