福島のいまを伝え続けること、長期的な復興支援を行わなければ、福島の本当の復興は成しえない “福島のいま”を伝える拠点として、また、福島の企業や農家と消費者を繋ぐ拠点として、アンテナショップ「本日!福島」を新宿に来年1月6日(月)オープンします

@Press / 2013年12月17日 10時30分

食料品などの福島県産品販売コーナーと、“福島のいまを伝える”写真ギャラリーを併設
株式会社カタログハウス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:斎藤 駿)は、2014年1月6日(月)より、“福島のいまを伝える”をコンセプトにした、民間企業では初となる、福島県産品の物産店を本社ビルB1Fにオープンいたします。


■「“風評被害”に苦しむ、福島県内の農家や企業の一助となりたい。」
当社では、チェルノブイリの子ども達への医療支援をはじめ、その時々の社会問題に関して出来ることに積極的に取り組んでまいりました。この度の東日本大震災においても、風評被害に苦しむ福島県の農家などの一助となること、安心・安全な食品(野菜)を消費者にお届けすることを目的とし、「カタログハウスの店・東京店」内に2011年8月より、放射能測定器を導入した福島産の野菜売場を新設しました。放射能汚染で食の安全が脅かされている状況下で、その責任や負担を小売店も負うべきと考えたためです。
東日本大震災から2年9カ月が経過し、震災当時の記憶が風化しつつある現在でもなお、野菜や海産物など、福島県の一次産業の人々を中心に、多くの人々が風評被害に悩まされています。震災前から売上が5割~8割減少した企業も珍しくありません。
このような状況を踏まえ、当社は2014年1月6日(月)より、東京店の本社ビル移転に伴い、福島県産の商品のみ(一部、避難などによる県外生産品含む)を取り扱う物産店「本日!福島」を本社ビルB1Fに新規オープンします。福島県の復興を、店舗運営を通じて企業全体で応援したいと考えております。


■「本日!福島」の特徴
(1)販売する食品はすべて放射性物質検査を実施、国の基準よりも厳しいカタログハウス独自の基準をクリアしたものだけを販売します

販売する食品は、すべて放射性セシウム134および137の測定を実施します。野菜・果物および一部の食品は、店内に設置した放射能測定器で測定、その他の食品もすべて外部機関で放射性セシウムの測定を行い、世界でいちばん厳しいといわれる「ウクライナ規制値」を参考にしたカタログハウス独自の基準値をクリアしたものだけを販売します。国よりも厳しい基準値をクリアした商品のみを販売することで、お客様が安心して商品を購入いただける体制を整えます。


(2)加工食品や酒類、生活用品など、多彩な“メイド・イン・ふくしま”商品(商品取扱メーカー数70~80社!)。メーカー担当者(生産者)による実演販売も随時実施します

@Press

トピックスRSS

ランキング