アンドロイド・iOSなどのスマホやタブレットで簡単操作できるデジタルサイネージソリューション 「DIGIBOARD(デジボード)」に新機能搭載

@Press / 2013年12月5日 9時30分

簡単コンテンツ制作・更新
株式会社テックリンク(本社:東京都大田区、代表取締役:坂 憲一)は、デジタルサイネージソリューション「DIGIBOARD」の機能拡張モデルを2013年12月2日(月)より販売開始致しました。

DIGIBOARDはデジタルサイネージシステムの提供だけでなくデザインコンテンツ制作・スケジュール配信・運用管理までをトータル的にサポートするソリューションです。従来製品にはないデザイン制作から運用までを一貫したサービスとして提供するため、大掛かりな投資は必要とせず継続的な販売促進に活用することが出来ます。


■DIGIBOARDの新規機能拡張ポイント
(1)【画面レイアウトを縦型・横型の2パターンに対応】
モニターの低価格化によるディスプレイの大型化に伴い、設置スペースの確保を前提とした省スペース設計がますます求められております。従来は店舗先でのメニュー案内等に活用されていたサイネージが、現在ではお客様の導線の確保や、企業宣伝として活用されるケースが増えています。
当社でも、「大画面かつ省スペース」で運用頂けるよう、従来の横型モデルから縦・横の2パターンの画面表示対応を行い、設置場所に応じた使い分けを実現しました。

(2)【万が一の障害発生時に備え、配信データの2重化対応】
配信しているコンテンツデータは2重化されており、万が一の障害時でもDIGIBOARDの配信サービスを止めることなくスムーズに復旧することが出来ます。
障害発生時に、2重化された予備のデータを直ちにディスプレイに表示出来るよう障害対策を実装致しました。通常、企業宣伝や広告サイネージとして利用している為、途切れの無いスムーズな運用が求められていますが現状の復旧手段は専門知識が必要な場合が多く、配信作業も担当者がトラブルを避けて、リアルタイムに行えていないのが実情です。当社の仕組みは専門の知識がなくても簡単に操作・復旧する事が出来るため、配信スケジュールの更新も気軽に実行可能といった利点があります。


【DIGIBOARDの特長】
1.スマートフォン・タブレットを使用した簡単コンテンツ制作・更新
DIGIBOARDは、スマートフォンやタブレットを使用して簡単にコンテンツ作成・編集・再生及びスケジュール管理の出来るサイネージシステムです。タイムセールなどを簡単な操作でリアルタイムに配信する事により、来店するお客様の購買促進につなげる事が出来ます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング