<トイレ掃除とトイレ空間に関する意識・実態調査>主婦が嫌いな家事&やっても夫に気付かれない家事 ともに第1位は トイレ掃除~トイレ掃除のモチベーションは「香り」と「夫の褒め言葉」~

@Press / 2013年12月6日 16時30分

<調査の背景>
近年、日本のトイレ空間は用を足すだけではなく、心地よく快適に過ごせるプライベート空間としての役割も果たしています。また、トイレ関連製品においても、デザインや香りにこだわったトイレ空間を演出する高付加価値の製品が多く出てきています。そこで今回、トイレ掃除やトイレ空間に対する意識・実態を、家族のために家事と毎日向き合う「専業主婦」*300名を対象に調査しました。小林製薬は快適なトイレ空間づくりのパートナーとして、今後もトイレの「快」、暮らしの「快」を提供してまいります。  
※この調査では専業主婦を「シングルインカムの家庭で、日々主に家事を担当している主婦」と定義しています。


■夫婦間の家事役割分担の実態
(1)夫婦間での家事役割分担比率 第1位「妻:夫 9:1」37.2%。7割以上の主婦は現状の分担に満足。
(2)夫が担当している家事 TOP3「ゴミ捨て」「お風呂掃除」「買い物」。一方で、「特にない」も33.7%。
(3)8割弱の主婦は、夫が引き受けてくれている家事の質(クオリティー)に満足している。
   一方で、不満理由第1位は、「やり方が雑」50.9%

■“トイレ掃除”に対する意識
(1)嫌いな家事 TOP3「トイレ掃除」「お風呂掃除」「洗いもの」。
   やっても気付かれない家事 第1位「トイレ掃除」33.3%
(2)4人に1人の主婦は、夫にトイレ掃除を引き受けて欲しいと思っている。
   理由第1位「自分が汚しているわけではないから」
(3)トイレ掃除でテンションやモチベーションが上がること。
   第1位「トイレがピカピカになること」 第2位「トイレ全体がいい香りになること」
   第3位「夫に気付いてもらえること、褒めてもらえること」
(4)8割以上の主婦、「トイレ掃除をより楽しくするためによい香りの製品を積極的に取り入れたい」

■トイレ空間づくりのこだわり
(1)3人に1人がトイレの空間づくりにこだわっている。
   特に30代以降でこだわり派が一気に増加(20代:26.2%、30代:38.8%、40代:35.0%)
(2)自宅のトイレ掃除でこだわっている部分 「インテリア」や「香り」。
   1位「マットや便座カバーなどのトイレインテリア製品の色やデザイン」
   2位「アロマや芳香剤などを含む香り」 3位「絵や写真、ポスターなどの装飾アイテム」
(3)トイレに置きたい香りTOP3「柑橘系」「ソープ系」「フローラル系」。

@Press

トピックスRSS

ランキング