デジタルアーツとドラゼミ教育研究所が、「ドラゼミ」会員保護者対象にお子さまのインターネット利用に関するアンケート調査を実施

@Press / 2013年12月10日 10時30分

アンケート結果1
情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下 デジタルアーツ、証券コード:2326)は、エデュケーション事業とメディア事業を手掛ける株式会社小学館集英社プロダクション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:紀伊 高明、以下 小学館集英社プロダクション)の調査機関であるドラゼミ教育研究所と合同で、小学館集英社プロダクションが展開する通信添削教育「ドラゼミ」の会員の保護者を対象にお子さまのインターネット利用に関するアンケート調査(有効回答総数:158)を行い、その結果を纏めました。

本調査は、幼児及び小学生向けのインターネットを活用したリビング学習に積極的に取り組んでいる小学館集英社プロダクションと家庭向けWebフィルタリングソフトを提供するデジタルアーツが、安全なインターネット環境の元でリビング学習を提供するためにWebフィルタリングソフトの推奨やネットリテラシー教育分野において2013年8月より協業しており、その一環として行ったものです。

今回の調査は「ドラゼミ」会員の保護者を対象に2013年8月から9月にかけて書面にてアンケート調査を行い、回答いただいたものです。家庭内における通信環境の整備とインターネット接続端末の多様化が進む中、小学生のお子さまのインターネット環境を把握するため、インターネットの利用状況から、お子さまのインターネット利用時の不安内容、教育現場で加速するIT化への認識やWebフィルタリングソフトの認知度について調査しました。

インターネット利用時の利用頻度においては、「週に数回」(29%)、「月に数回」(27%)、「まったく使わない」(20%)、インターネット利用者の中で使用している端末は「自宅のパソコン」(55%)、「親のスマートフォン」(21%)、「自宅のタブレット端末」(14%)が上位を占めました。また、初めてお子さまがインターネットに接続した学年では、「小学校就学前」(29%)が一番高く、利用時は「母親とともに」(39%)に次いで「お子さまが1人で操作」(30%)という結果になりました。使用用途は「調べもの」(37%)、「ゲーム」(28%)、「動画共有サイトの視聴」(20%)が上位を占めました。

≪インターネットの利用時の環境≫
アンケート結果1 http://www.atpress.ne.jp/releases/41493/a_1.jpg
※2013年9月 ドラゼミ教育研究所調べ

@Press

トピックスRSS

ランキング