ネットワーク仮想化技術を用いたオーバーレイ・ネットワーク「Arcstar Universal One Virtual」の提供開始について

@Press / 2013年12月10日 14時0分

図1 アプリタイプ
 NTTコミュニケーションズ株式会社(略称:NTT Com)は、「Arcstar Universal One Virtual」のお申し込みを2014年3月より受付開始します。(URL: http://www.ntt.com/a_virtual/ )
本サービスは、ネットワーク仮想化技術(*1)を活用することで、通信キャリアとして初めて、既存の企業ネットワークやインターネット環境上に、利用目的に応じた新たなネットワーク空間としてオーバーレイ・ネットワークを構築し、拠点やネットワークの変更などをオンデマンドでお客さま自らが実施することが可能となりました。


1.背景
 昨今、グローバル化や企業/事業統廃合への対応、業務効率化のためのクラウドサービスやスマートデバイスの有効活用など、企業ネットワークに求められる役割は多岐に及んでいます。同時に、セキュアであるだけでなくお客さまの経営環境の変化に対応できる柔軟性や拡張性を持つ企業経営基盤でなくてはなりません。これらを従来のネットワークで実現するためには高度なITスキル者確保やベンダーサポートが必要であると共に、構築・運用保守管理も複雑化・高コスト化しており、多くの企業が負担を感じています。
 このような負担を軽減するためにNTT Comは新たなサービス「Arcstar Universal One Virtual」を提供し、「Arcstar Universal One」の高度化を実現します。

2.「Arcstar Universal One Virtual」について
(1) 概要
 「Arcstar Universal One」に接続されたネットワークやインターネット環境上で、利用目的に応じたオーバーレイ・ネットワークを必要に応じていくつでも構築できる新たなサービスです。
 お客さまのパソコンやスマートフォンなどの各種デバイスに専用アプリをインストール、または専用アダプタを設置するだけで、既存のネットワーク環境を変更することなく、柔軟かつセキュア・オンデマンドなネットワークを安価に構築できます。また、「NTTコミュニケーションズ ビジネスポータル(*2)」(以下、ビジネスポータル)を通じて一体的な管理・運用が可能なため、ネットワークの追加や変更期間を大幅に短縮できます。

(2) サービスの特長
[1] 柔軟
  ・既存ネットワーク環境やIPアドレスを変更せず、
   新規にネットワークを構築できる
  ・利用用途や目的に応じて、複数のネットワークを構築し
   所属することができる
[2] 簡単
  ・専用アダプタを既存ネットワークに設置するだけ、
   パソコンやスマートデバイスは専用アプリをインストールするだけで
   新規にネットワークを構築できる
  ・インターネット環境さえあれば、いつでもどこでも
   目的のネットワークに接続できる
[3] 便利
  ・ビジネスポータルから一元管理および運用ができる
  ・追加・変更などの手続きも、
   ビジネスポータルからオンデマンドで設定できる

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング