ANA、「働き方改革」加速に向けNTT Comの「Arcstar UCaaS」を採用 ~クラウド型の新音声基盤を全世界で導入し、大幅なコスト削減を実現~

@Press / 2013年12月11日 11時0分

ANA 新音声基盤イメージ
 NTTコミュニケーションズ株式会社(略称:NTT Com)は、全日本空輸株式会社様(本社:東京都港区、代表取締役社長:篠辺 修、略称:ANA(敬称略))からの受託により、ANAグループの全世界の拠点、空港内オフィス、そして拠点外から利用する音声基盤を、クラウド型コミュニケーションサービス「Arcstar UCaaS」などを活用して構築し、2014年より順次提供を開始します。

 本音声基盤は、拠点内のIP電話機および拠点外のIP電話やスマートフォンから内外線を利用できるコミュニケーション機能、クラウド上に保管され携帯端末からもセキュアに閲覧できる電話帳機能、MDM(*1)機能などを備えるほか、各種会議機能などが容易に追加可能な拡張性を持っています。これらの特長により、ANAグループが推進する「働き方改革」を支えるICT基盤として選定されました。
 また本基盤の導入に伴い、拠点ごとに保有している宅内交換機(PBX)をクラウドサービスの利用に転換することや、NTT Comが提供中のグローバル拠点間データNWに音声データも載せることなどにより、大幅なコスト削減も実現します。


1.背景
 ANAグループでは、パイロットや客室乗務員、各国空港などで業務する地上勤務職員や整備士などを含む約3.3万人の従業員が、屋内外問わず多様な環境下で業務を行っています。ANAは、その多様な環境にも対応できる利便性の高いICTの導入、例えばスマートフォンやタブレットの積極活用などで、更なる生産性・サービス品質の向上を目的とする「働き方改革」を推進しています。
 このたび、更なる利便性向上とコスト削減を両立し、「働き方改革」を実現する今後の機能拡充に柔軟に対応できるICT基盤として、NTT Comの「Arcstar UCaaS」が採用されました。


2.クラウド型音声基盤の特長と導入効果
(1) マルチデバイス対応の、クラウド上のコミュニケーション機能
 IP電話機、スマートフォンなど、あらゆるデバイスから接続可能な、FMC(*2)を実現する内線・外線接続機能を提供します。また、従来の拠点毎のPBX利用時と比べ大幅なコスト削減を実現します。約7,000台の固定電話端末のIP電話化、約1万台のモバイル端末の内線接続化予定です。

(2) どこからでもセキュアに利用できるWeb電話帳機能
 デバイス側に連絡先情報や発着信履歴を保存させず、セキュアに閲覧・管理が可能なクラウド型の電話帳機能です。着信時には、連動するANAグループ社員録の発信元情報がデバイス上にポップアップで表示されます。約1万台のモバイル端末で利用予定です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング