日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2013」に『ディノスの国産材家具』が展示されます。

@Press / 2013年12月10日 17時45分

メイン
株式会社ディノス・セシール(本社:東京都中野区)は、「ディノス」において各種国産材家具を
展開しており大変好評を博していますが、このたび12月12日(木)~14(土)に開催される、日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2013」にて、これらディノスの国産材家具全11アイテムを展示します。
また、会期中は、会場の木質化の一環に協力し、会場内の休憩所に国産材家具を提供します。

ディノスでは、2011年4月に“森を育てる匠の家具”として『東濃檜の家具』を発売開始しました。その材の質の高さや丁寧なつくり、手ごろな価格といった商品的な価値に加え、森林と林業の再生に
つながるという社会的な価値が広く受け入れられており、大ヒット商品となっています。また、発売後も国産材家具の企画を拡大し、現在では7シリーズを展開しているほか、一部商品については、政府の木材利用ポイント※1の交換商品に指定されています。

今回のエコプロダクツ展では、(公財)国土緑化推進機構※2が出展する「森から始まるエコライフ展」(東4ホール・4-905)内、及び東5ホールの休憩スペースに、展開中の国産材家具商品の中から全11アイテムを展示します。休憩スペースにおいては、実際にお使いいただくなどして、国産材家具の良さを来場者に体験していただくことができます。

 ディノスはこれからも、“ここにしかない”魅力的なリビングアイテムの販売を通じて、お客様一人ひとりの「歌うように、くらそう。」のお手伝いをしていきたいと考えています。

日本最大級の環境展示会[エコプロダクツ展]

名 称 : エコプロダクツ2013[第15回]
会 期 : 2013年12月12日[木]~14日[土]10:00~18:00(最終日は17:00まで)
会 場 : 東京ビッグサイト[東1~6ホール]
今年のテーマは“今つくる地球の未来”
環境のことを考えた「今」の行動の積み重ねが、これからもずっと続く「未来」をつくります。命をはぐくむ地球を次世代につなげていくためには、私たち自身があるべき地球の未来を想い、そこから「今」ある技術、社会、自然と共生できる暮らし方について問い直し、行動していく。未来への一歩は、今はじまります。エコプロダクツ展は、持続可能な社会の実現をめざし、未来をより豊かなものに変えていくための先進的な環境への取り組みや提案についての情報発信をしていきます。 (http://eco-pro.com/eco2013/index.html) 
 
当社展示商品 : 国産材家具(ラック、ベッド、テーブル、スツール等)全11アイテム
上記展示場所 : 「森から始まるエコライフ展」(東4ホール・4-905)及び
東5ホール 出入り口付近の休憩スペース

※1 木材利用ポイント
地域材の適切な利用により、森林の適正な整備・保全、地球温暖化防止および循環型社会の形成に貢献し、農山漁村地域の振興に資することが目的。地域材を活用した木造住宅の新築等、内装・外装の木質化工事、木材製品等の購入の際に、木材利用ポイントが発行され、地域の農林水産品等と交換できる制度( http://mokuzai-points.jp/ ) です。

※2 公益社団法人 国土緑化推進機構
国土緑化運動を推進する為に設けられた社団法人。「緑の募金」「緑と水の森林ファンド」等を管理すると共に、全国植樹祭の開催、森林ボランティアの育成、全国緑化キャンペーンの推進、森林NGO活動への支援、木材利用ポイントの普及啓発等広範囲な活動を展開しています。(http://www.green.or.jp/


@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

サブ1サブ2

@Press

トピックスRSS

ランキング