古書店『クラリスブックス』 東京・下北沢にオープン― 哲学・思想から美術・ファッション・サブカルまで網羅 ―

@Press / 2013年12月18日 9時30分

店内1
哲学や思想、文学、美術・写真・ファッション・サブカルチャーまで、全10ジャンルの書籍を取り扱う古書店『クラリスブックス』(所在地:東京都世田谷区北沢3丁目、店主:高松 徳雄)が12月1日に下北沢にオープンしました。


■『クラリスブックス』について
『クラリスブックス』の店舗は、下北沢北口の一番街商店街にあり、窓が多く、光が差し込む開放的な約10坪の空間です。白を基調とした落ち着いた店内は、ゆったりとした居心地で、じっくりと好きな本を選ぶことができます。神田神保町の古書店に約10年間勤めた店主が、スタッフとともに幅広いジャンルの古書をセレクトしています。


■『クラリスブックス』の特長
(1)10のカテゴリから選べる
流行に敏感な街「下北沢」を意識し、写真、美術、ファッション、サブカルチャー関係書籍が充実。特にファッション関係では、多数の図録やヴィジュアルブックに加えて、人気の高いコレクションブランドや、国内外のファッション&カルチャー誌、メンズファッション関係も多数取り揃えております。

<取扱いカテゴリ>
哲学や思想、文学、人類学・文化史、キリスト教、美術・デザイン、写真、ファッション、メンズ ファッション&ホビー、映画・音楽・演劇、SF・サブカルチャー

(2)哲学や思想などの勉強会・読書会を実施
やや専門性を有する分野「哲学や思想」にも力を入れており、プラトンやアリストテレスなどの古代哲学から、ニーチェ、ハイデガー、フーコーなどの現代思想も充実しています。今後は、難しく敬遠されがちな「哲学や思想」の理解を深めることができる勉強会や読書会等を開催する予定です。

(3)若手アーティスト作品を販売
雑貨や若手アーティストの作品なども積極的に展示・販売していく予定です。現在、イラストレーター丸子 万葵のシルクスクリーンによるかわいらしい蔵書票を展示・販売中です。

(4)全ての商品の在庫確認ができる
ホームページでは、商品在庫を画像付きで詳しく閲覧できるほか、スタッフによるブログもほぼ毎日更新。おすすめ商品や新入荷品を紹介するだけでなく、下北沢の飲食店情報、古本屋という仕事の話、思い入れの深い本や映画の話など、様々なエッセイを三人のスタッフが交代で綴っております。

URL: http://clarisbooks.com/


古本の買取も随時受付けています。店頭・お電話・メールにてご相談いただけます。

『クラリスブックス』は、古着屋、カフェ、雑貨店、ライブハウス、ギャラリー、芝居小屋など、様々な文化が集積する下北沢において、古本を通した新たな発見や出逢い、交流を生み出す場として機能し、地域に貢献していくことを目指しています。


【新店舗概要】
CLARIS BOOKS クラリスブックス
(東京都古書籍商業協同組合加盟店)

所在地 : 〒155-0031 東京都世田谷区北沢3-26-2-2F
営業時間: 火~土/12:00~20:00 日曜祝日/12:00~19:00
定休日 : 月曜日
価格帯 : 500円~10,000円
URL   : http://clarisbooks.com/


<お客様からのお問い合わせ先>
電話 : 03-6407-8506
FAX : 03-6407-8512
Email: info@clarisbooks.com

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

入口店内2

@Press

トピックスRSS

ランキング