専門チャンネルの視聴者像を追う~MVP2013(Multichannel Viewers Profile)レポートから~

@Press / 2013年12月13日 14時0分

平均世帯年収
株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:秋山 創一)は、専門チャンネルの視聴者プロフィールをとりまとめた「MVP2013 ~Multichannel Viewers Profile report~」を発刊しましたので、お知らせとともにその一部をご紹介いたします。

専門チャンネルが視聴可能な人(※1)の割合は28%(※2)でした。
(※1:直接受信・ケーブルテレビ・IPTVいずれかに加入し、専門チャンネルが視聴可能な人)
(※2:全国主要7都市圏の男女12~69歳における割合の推計値)

世帯年収で比較してみると、専門チャンネルが視聴可能な人は非視聴可能者よりも平均で約100万円高い結果となりました。
また、購買に関する意識面を見ても「新製品に興味がある」層が多いという結果でした。

<平均世帯年収>
●専門チャンネルが視聴可能な人・・・720万円
●非視聴可能者・・・608万円

各専門チャンネルの視聴者が具体的に欲しいと感じている主な商品カテゴリーは、以下の通りでした。

<チャンネルジャンル別 視聴者欲求商品>
【チャンネル ジャンル】・・・主な欲求商品カテゴリー

【映画】・・・4Kテレビ/ブルーレイディスクプレーヤー・レコーダー/既製紳士服など
【ドラマ】・・・ カジュアルウェア/ダイヤモンド宝飾品など
【アニメ・子供向け】・・・テレビゲームソフト/スマートフォン/デジタルビデオカメラ/タブレット型端末など
【ニュース】・・・ ウォーキングシューズ/ジョギングシューズ/既製紳士服/電気自動車/スポーツタイプ乗用車など
【ドキュメンタリー】・・・ 4Kテレビ/ハイブリッドカー/プラグインハイブリッドカーなど
【音楽】・・・ジーンズ/カジュアルウェア/スクーターなど
【スポーツ】・・・ゴルフウェア/ゴルフクラブセット/ウォーキングシューズ/スポーツタイプ乗用車など
【総合エンターテインメント】・・・ 軽自動車/タブレット型端末/ブルーレイディスクプレーヤー/レコーダー/スニーカーなど
【趣味・娯楽・教育・教養】・・・ 釣り用具など
※各ジャンルにおける平均値が個人全体より5ポイント以上高い項目から抜粋


『MVP』の概要
MVPは、専門チャンネルにおける以下2点をビデオリサーチの複数データを基にとりまとめたデータ集です。
「1.媒体普及状況」(=媒体がどのくらい浸透しているのか)
「2.プロフィール」(=視聴可能者及び視聴経験者はどんな人たちなのか)

詳細についてはお問い合わせ下さい。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

チャンネルジャンル別視聴者欲求商品

@Press

トピックスRSS

ランキング