2014年1月・2月 秋葉原・桜木町・有楽町にて「静岡みかん」PRイベント実施 富士山のもとで生まれたおみくじ付きみかんを各会場3,776個ずつ配布

@Press / 2014年1月10日 9時30分

おみくじ付きみかん
JA静岡経済連柑橘委員会は、静岡県産みかんの首都圏市場での出荷最盛期を前に、2014年1月18日 秋葉原・1月25日 桜木町・2月1日 有楽町にて、「静岡みかん」PRイベントを実施いたします。首都圏での本格的なPRイベントは初めてとなり、世界遺産 富士山のもとで生まれた高品質な「静岡みかん」をアピールします。
今期の静岡みかんは生産量の少ない「裏年」に当たりますが、出荷量は安定。夏の高温、干ばつなどによる小玉化も懸念されましたが、果実は大きく、糖度・酸度のバランスのよい青島らしい味わいの、高品質な仕上がりとなりました。

静岡みかんスペシャルサイト: http://www.shizuokamikan.jp/


【「静岡みかん」PRイベント ~ 「おみくじ付き静岡みかん」の配布 ~】
首都圏で静岡みかんのおいしさを広めるためのPRイベントとして、静岡みかんを配布いたします。配布するみかんは「富士山のもとで生まれたご利益みかん」という趣旨のもと、制作された「おみくじ付き静岡みかん」。巫女姿の女性らが、富士山の標高にちなみ、「3,776個」(各会場)配布します。

■イベント開催概要
2014年1月18日(土) JR秋葉原駅 電気街口改札内 10時30分~
2014年1月25日(土) JR桜木町駅前広場(横浜) 11時~
2014年2月 1日(土) 東京交通会館前(有楽町) 11時~
静岡みかん配布数:各会場3,776個
※各開始時間より複数回にわけて実施。なくなり次第終了。
静岡みかんスペシャルサイト: http://www.shizuokamikan.jp/


【静岡みかんの概況】
静岡県産みかんの収穫量は、和歌山、愛媛に次いで全国第3位ですが、このうち「普通みかん(※)」の収穫量・出荷量では全国1位です。「早生みかん」の比率が高い西日本産に比べ、出荷ピークは遅めの1~2月になります。また、静岡県産の主力品種「青島温州」は貯蔵に向いているため、より食味が濃厚な「貯蔵みかん」を4月上旬まで出荷し、消費者に長期間おいしいみかんを提供しています。近年は表年と裏年の生産量格差解消に取り組み、計画的な生産を行っています。

「普通みかん」の出荷量
http://www.atpress.ne.jp/releases/41703/img_41703_2.jpg

(※ 普通みかんとは、1月以降に出荷されるみかんを指す。早生みかんは年内出荷。)


【JA静岡経済連柑橘委員会】
静岡県内で柑橘類を産出する主要JAにより組織。
加盟JA:JA伊豆太陽・JA伊豆の国・JAあいら伊豆・JAなんすん・JA富士市・JAしみず・JA静岡市・JA大井川・JAハイナン・JA遠州夢咲・JAとぴあ浜松・JAみっかび・丸浜柑橘連

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

「普通みかん」の出荷量

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング