マネーパートナーズは、すべらない、約定拒否しない!5年連続 「約定力」 No.1を獲得!

@Press / 2013年12月18日 16時0分

スリッページ発生率と「すべらない約定率」ランキング
株式会社マネーパートナーズ(本社:東京都港区、代表:奥山 泰全)は、株式会社矢野経済研究所(本社:東京都中野区、代表取締役社長:水越 孝)が2013年11月25日(月)~11月26日(火)にかけて実施した、主要FX会社6社におけるFXサービスパフォーマンステストにおいて、「すべらない約定率」100%でNo.1となりました。また「約定拒否発生率」は0%となり、その結果、5年連続「約定力No.1」を獲得しましたことをお知らせします。

※約定力…お客様の意図するタイミング、価格での取引を実現する力


◆スリッページ発生率と「すべらない約定率」ランキング
 スリッページ設定「1pip」の場合
http://www.atpress.ne.jp/releases/41786/img_41786_1.png

※すべらない約定率…注文したレートからスリッページせず約定した確率


◆約定拒否発生率と「約定率」ランキング
 スリッページ設定「0pip」の場合
http://www.atpress.ne.jp/releases/41786/img_41786_2.png


スリッページとは、お客様が注文した価格からすべって(スリップして)異なる価格で約定すること、約定拒否とは、あらかじめ設定した許容範囲以上すべった場合に約定しないことを指します。
スリッページや約定拒否の発生により、提示されたスプレッド以上のコストが発生するだけでなく、収益機会そのものを逃してしまう可能性や、予想外の大きな損失を生じてしまう危険性があり、「業者都合による価格変動、機会損失のリスク」をお客様が被ることになります。

これらの結果を受け、当社ではお客様の意図するタイミング・価格での取引を実現する力、「約定力」を重視し、公平かつ価格の透明性の高いFXサービスを提供し続けることで、お客様にとって不可抗力である「業者都合による約定価格の変動、機会損失のリスク」を排除すると共に、お客様の更なる利便性を追及し、取引環境の改善を行なってまいります。


【調査要綱】
(1) 調査の目的
主要FX会社FXサービスのスリッページ発生率・約定率等の調査

(2) 調査日程
2013年11月25日(月)~11月26日(火)の2日間

(3) 調査時間
日本時間の20時~21時の1時間程度

(4) 調査対象通貨ペア
USD/JPY

(5) 調査対象
有力企業のうち任意抽出した6社

(6) 調査の方法
・マーケット注文(ストリーミング)で、買(新規)⇒売(決済)を繰り返す
・1日50売買の100約定×2日=200約定(スリッページ発生率調査、約定率調査ともに各々100約定)
・発注単位は1万通貨
・スリッページ発生調査においてはスリッページ許容設定のある会社は、「1pip」に設定
・約定率調査においては、スリッページ設定を「0pip」に設定
・調査の精度を向上させるため、同スペックのPC、インターネット回線を使用
・マネーパートナーズは「パートナーズFX」を使用

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング