業界初!ヨドバシカメラで海外用プリペイドSIMカード「Wi-Ho!」販売開始

@Press / 2013年12月18日 16時0分

パッケージイメージ※
国際モバイル通信機器レンタルサービス最大手の、株式会社テレコムスクエア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉竹 雄次、以下当社)は2013年12月18日、海外用プリペイドSIMカード「Wi-Ho!(ワイホー)」の販売をヨドバシカメラにて開始いたします。本商品はヨドバシカメラ各店で販売するほか、インターネット通販サイト「ヨドバシドットコム」でも取り扱います。
家電量販店での格安SIM販売が台頭する中、海外用SIMの販売を始めるのはヨドバシカメラが初となります。

【本商品のポイント】
1. 家電量販店の大手ヨドバシカメラにて海外用SIM販売を開始
2. 出張・短期留学に便利な、アメリカ・台湾・香港・中国の現地回線を用意
3. 通話料金が格安、さらにリチャージが可能

■家電量販店の大手ヨドバシカメラにて海外用SIM販売を開始
日本国内で利用できる格安SIMカードの販売は、家電量販店で広く取り扱っておりますが、今回は業界で初めて海外用のSIMカードを販売いたします。
海外でスマートフォンを使用する場合、国内の携帯電話会社の海外パケット定額プランは二段階定額で1日最大2,980円かかります。また、通話をする際には、国際ローミング料金が別途かかります。格安でスマートフォンを利用するには、現地でSIMカードを購入する方法もありますが、手続きや会計が煩雑です。その点、本商品は日本国内で購入できるのが最大のメリットとなります。

■出張・短期留学に便利な、アメリカ・台湾・香港・中国の現地回線を用意
今回は出張や短期留学で利用の多い、アメリカ・台湾・香港・中国の4カ国のSIMカードをリリースいたします。アメリカ・中国は30日間、台湾・香港は180日間ご利用いただけます。AndroidのSIMロックフリー端末に対応しており、お手持ちのスマートフォンにSIMカードを装着し、設定をするだけでご利用いただけます。

■通話料金が格安、さらにリチャージが可能
本商品の料金は、パケット料金および初回チャージ分の無料通話料金を含んでおり、データ通信のみならず通話も格安でできます。また、初回チャージ分の通話料金を使い切った後でも、有効期限内であれば、現地でリチャージして使い続けることができます。現地通信会社の回線を使用しているため、たとえばアメリカでは国内発着信料金は無料となっています。なお、現地で設定方法が分からない場合は、24時間対応の日本語サポートデスクにてご相談を承っております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング