フォンアプリ「Collaboration Directory」と「CACHATTO(R)」との接続検証を完了 ~スマートフォンによる安全な社内情報閲覧と ユニファイドコミュニケーション機能が融合~

@Press / 2013年12月25日 10時30分

システムイメージ
株式会社PhoneAppli(本社:東京都港区、代表取締役:三浦 浩之、以下 フォンアプリ)は、Web電話帳システム フォンアプリ「Collaboration Directory」(以下 PACD)とe-Janネットワークス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:坂本 史郎)が提供する法人向けリモートアクセスサービス「CACHATTO」(以下 CACHATTO)との接続検証を完了し、連携利用が可能となったことを発表します。

システムイメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/41851/img_41851_1.png


両製品の連携により、社外のスマートフォンからCACHATTOを介してPACDへの安全なアクセスが可能となります。また、PACDのクリックtoコールバック機能により、スマートフォンからの電話発信においてオフィスの電話番号で相手に発信し、通話料金の公私分計も可能となり、データを端末に残さず社内情報にアクセスできるCACHATTO SecureBrowserの機能と相まってBYOD(Bring Your Own Device:個人所有端末の業務利用)に適した環境の提供が可能となります。
さらにはチャット/Web会議への参加など、ユニファイドコミュニケーション(UC)機能も利用可能で、スマートフォンによる業務効率改善や機動性向上が期待できます。
今回の連携による主なメリットは下記となります。

(1) PACD(Web電話帳)へのセキュアアクセスを実現
従来、PACDでは社外からのWeb電話帳利用にはVPNアクセス環境を用意するか、Web電話帳サーバーをDMZ上に設置する必要がありました。今般、CACHATTOとの連携によりWeb電話帳サーバーはイントラネットに設置したままでCACHATTOを介して安全にアクセスできる様になります。

(2) クリックtoコールバック機能により、携帯電話番号でなくオフィス固定電話番号で発着信可能
スマートフォンからCACHATTOを介してWeb電話帳にアクセスし、Web電話帳の「クリックtoコールバック機能」を使うことができます。これによりスマートフォンから携帯電話番号を相手先に通知することがなく「オフィスの固定電話番号」を通じての発着信が可能となります。社用通話とプライベート通話の公私分計も実現できるため、BYODに好適な環境を構築可能です。

@Press

トピックスRSS

ランキング