食事記録と運動記録が同時に管理可能となる仕組みを実現 会員数15万人超の食事管理サイト『あすけん』と、ヤマハのランニング・ウォーキングアプリ「BODiBEAT」が連携

@Press / 2014年1月23日 12時0分

BODiBEAT画面
2014年1月23日から、株式会社グリーンハウス(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:田沼 千秋)の子会社である株式会社ウィット(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:中島 洋)の食事管理・ダイエットサイト「あすけん」( http://www.asken.jp/ 、以下 あすけん)と、ヤマハ株式会社(所在地:静岡県浜松市、代表取締役社長:中田 卓也、以下 ヤマハ)のランニング・ウォーキングアプリ「BODiBEAT GPS ラン&ウォーク(以下 BODiBEAT)」の運動データ連携を開始しました。


あすけんと連携するBODiBEATは、アップル社のiTunes Storeを通じて2011年12月1日(木)から配信開始しているランニング/ウォーキング用のiPhone向け音楽再生アプリケーションです。ユーザーの走った/歩いた距離やペース、消費カロリーの計測やラップ機能、マップ上のルート表示などの基本的な運動計測・記録機能に加え、走る/歩くテンポに合った曲をiPhone内ミュージックから自動選曲できる機能を搭載しており、ステップに合ったお気に入りの曲との一体感を楽しみながら運動できます。音楽との一体感がジョギング時の疲労感を軽減することはヤマハと東京大学の深代 千之教授との共同研究により実証されております。

今回のデータ連携で、あすけんの利用者がBODiBEATを使って測定したウォーキング・ランニングの消費カロリーや運動時間などのデータが、特別な操作をすることなく、あすけんに自動的にアップロードできるようになります。これまでの食事記録に加え、BODiBEATで記録した運動記録の両方を同時に簡単に管理することが可能になります。

これまであすけんは、ユーザーの食事記録をもとにカロリーをはじめとした14種類の栄養素の過不足の算出と栄養士のノウハウが詰まったパーソナルアドバイスを提供し、健康管理やダイエットをサポートすることで会員数が15万人を超え(2013年12月末現在)、食事管理系ウェブサービスとして着実に利用者を増やしてまいりました。BODiBEATとの連携で、より一層健康管理やダイエットが楽しく、効果的になることが期待されます。

また、データ連携を記念して、1月23日(木)から1月29日(水)までの期間限定で、「BODiBEAT」とあすけんのiPhone向けアプリ「食べて痩せるダイエット-あすけん」のセールを同時開催し、両アプリとも100円で販売します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング