日本電業工作がトンネル作業現場で1,200m以上のWi-Fiエリア化に成功 工事現場の無線IT利用化を「おくだけWi-Fi」が強力サポート

@Press / 2013年12月26日 10時0分

試験概要
 日本電業工作株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩本 眞、略称:DENGYO)はこの度、工事現場向け「FalconWAVE(R)おくだけWi-Fi」を利用したWi-Fiエリア化実証実験においてトンネル作業現場での最大1,248mのWi-Fiエリア化に成功しました。
 本実験は、2013年12月20日に商品発表された「現場の助っ人シリーズFalconWAVE(R)おくだけWi-Fi」の実力試験を、トンネル点検作業中の作業現場内で行ないました。アンテナ専門メーカーならではの長距離伝播性に優れた高性能アンテナと、小型・低消費電力の自立型無線装置FalconWAVE(R)のパッケージシステムにより、様々な工事現場の用途に合わせWi-Fiエリア化が簡単に構築できることが確認されました。


【背景】
 建設工事作業現場では、iPhoneやタブレット端末のモバイル機器が急速に普及し、屋内・屋外を問わずIT機器の無線利用機会が増加しています。しかしながら高層ビルの建設現場やトンネル掘削現場などでは、事業者によるエリアサービスが悪い場合が多く、電波の不感地となっています。
 これらの工事現場でIT機器を利用しようとした場合には、有線による方法で独自に通信手段を確保することが求められ、大規模な配線工事や電気工事による整備のために莫大な費用が必要でした。


【試験概要】
 「現場の助っ人シリーズFalconWAVE(R)おくだけWi-Fi」のWi-Fiアクセスポイントとしての実力測定を、トンネル点検作業中の作業現場での持ち込みフィールドトライアルにて実施しました。

(1)指向性アンテナでの吹込み式エリア化試験
(2)全方向オムニアンテナでのエリア化試験
トンネル条件:全長1.2Km(R:100の湾曲部、途中2箇所あり)
トンネル寸法:高さ/横幅3.4m
試験項目  :伝送速度試験iperf
       映像・音声伝送試験
http://www.atpress.ne.jp/releases/41987/img_41987_1.jpg


【試験結果】
 抗口に設けられたアクセスポイントから指向性アンテナでトンネル内に電波を吹き込んでのエリア化試験でも対象トンネル内1.2kmのすべてのWi-Fiエリア化を確認。またオムニアンテナを利用したエリア化試験でも半径800m以上のWi-Fiエリア化が確認できたことにより、「おくだけWi-Fi」がトンネル工事現場でのWi-Fiエリア化に有効な手段であることが確認できました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング