BSIジャパン、ISO 22301 事業継続マネジメントシステム(BCMS)認証をAGS株式会社に実施

@Press / 2013年12月26日 11時0分

授与式での写真
 BSIグループジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:竹尾 直章、以下 BSIジャパン)は、AGS株式会社(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役社長:小川 修一、以下 AGS)へ、ISO 22301(事業継続マネジメントシステム)認証を実施しました。(認証登録日:2013年12月1日)


 AGSは、情報処理サービス、ソフトウエア開発、システム機器販売などを展開しています。このたび、事業継続マネジメントの更なる向上と、それによってお客様の事業継続に貢献するため、ISO 22301認証を取得しました。ISO 22301を認証取得したことにより、同社の事業継続マネジメントシステム(BCMS)が世界標準に則った高いレベルのものであることが証明されたことになります。


■AGS株式会社 取締役常務執行役員 石井 進 様からのコメント
◆ISO 22301 認証取得の目的
 弊社は、IT事業者としてITサービスの安定的な提供によりお客様の事業継続を支える責務を負っています。特に弊社のデータセンター「さいたまiDC」は、都市近郊型データセンターとして万全の設備を整え、公共、金融や一般法人など多くのお客様にご利用頂いております。認証取得の第一の目的は、このISOをベンチマークとして、従来取り組んできた事業継続マネジメントの更なる向上を図り、お客様の事業継続に貢献することです。

◆ISO 22301認証取得にBSIを選んでいただいた理由
 本ISOの認証の実績が多いこと、ISOのセミナーや認証範囲の相談など審査に向けてのきめ細かなサポートをして頂けたこと等により、BSIに審査をお願いすることとしました。

◆ISO 22301の構築・認証で良かった点
 ISO取得に取り組むことによりBCMの活動の向上や活性化ができたことと、審査で実務の向上につながる指摘を頂いたことが特に良かった点です。審査はBCM・BCPを検証して頂ける貴重な機会にもなりました。弊社では既にBCMの訓練や監査を実施していましたので、認証取得にどれだけメリットがあるか、事務負担の増加だけにならないか、など当初は懸念もありましたが、やはり認証取得して良かったと思っています。

◆ISO 22301の今後の活用について
 今後もISOを活用してITサービスの安定的な提供に努め、お客様の事業継続を支えていきたいと考えています。また、このISOのノウハウは、お客様のBCMの構築・見直しのご提案にも活用していく予定です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング