大阪府教育委員会事務局様「次期統合ICTネットワーク」を受注 ICT基盤統合と、国内における教育向けでは大規模な仮想デスクトップ環境を構築

@Press / 2014年1月8日 15時30分

 西日本電信電話株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:村尾 和俊、以下 NTT西日本)は、大阪府教育委員会事務局様の次期統合ICTネットワークを受注し、平成26年4月の本稼動に向けて、まずはセンター側システム一式について平成25年9月末に構築完了いたしました。また、府立学校側の仮想デスクトップ環境※1移行についても平成26年1月末の完了に向けて順次構築中です。

 NTT西日本は、ヴイエムウェア株式会社※2(本社:東京都港区、代表取締役社長:三木 泰雄、以下 ヴイエムウェア社)、シスコシステムズ合同会社※3(本社:東京都港区、代表執行役員社長:平井 康文、以下 シスコ社)、ネットアップ株式会社※4(本社:東京都港区、代表取締役社長:岩上 純一、以下 ネットアップ社)のテクノロジーを採用し、大阪府内、約170の全府立学校の教職員が利用するICT環境を統合するとともに、教職員が使用する約13,000台のパソコンを仮想デスクトップ環境に移行することで、業務の効率化とセキュリティーの強化に貢献いたします。

 なお、本システムの運用業務については、NTT西日本のグループ企業である株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト( http://www.ntt-neo.com/ )が担います。

※1 仮想デスクトップ環境とは、仮想化ソフトを使ってサーバー上に複数の仮想マシンを稼働させ、そこで利用者ごとのパソコンのデスクトップ環境を動かすシンクライアント化の手法の一つです。
※2 ヴイエムウェア社(本社:カリフォルニア州パロアルト)は、クラウド時代においてビジネスの活性化を支援する仮想化ソリューションおよびクラウド インフラ ソリューションを提供し、50万社を超える顧客、および5万5,000社を超えるパートナーを有し、全世界にオフィスを展開するグローバル企業です。
   詳細は http://www.vmware.com/jp をご覧ください。
※3 シスコ社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコ社は、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティー、エンターテインメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワークプラットフォームの提案をめざしています。
   詳細は http://www.cisco.com/jp をご覧ください。
※4 ネットアップ社は、優れたコスト削減で企業競争力を高めるストレージ製品とデータ管理ソリューションを提供する米NetApp, Inc.の日本法人です。
   詳細は、 http://www.netapp.com/jp をご覧ください。

@Press

トピックスRSS

ランキング