ブライトコーブCEO兼代表取締役社長に伊崎 洋児が就任

@Press / 2014年1月6日 10時0分

ブライトコーブ株式会社(所在地:東京都渋谷区、以下 ブライトコーブ)は、2014年1月1日に伊崎 洋児(いざき ようじ)が、ブライトコーブのCEO兼代表取締役社長に就任いたしましたことを発表いたします。
伊崎 洋児は、Brightcove Inc.(NASDAQ:BCOV)の日本国内におけるオペレーション全般を統括することとなり、動画業界おける豊富な経験とリーダーシップをブライトコーブにもたらすことになります。


Brightcove Inc. アジア太平洋・日本担当シニアバイスプレジデント Dennis Roseによるコメント:
「日本におけるブライトコーブの事業は、ここ5年で成長し、かなり成熟してきました。私たちは、日本を代表するブランドや企業の多くが、デスクトップのブラウザやモバイルアプリを通じて配信される動画を使用し、よりインパクトのあるブランドメッセージを伝えることで、消費者や顧客企業とより深く関わっていくお手伝いをしています。日本を代表するメディア企業の多くがブライトコーブのVideo Cloudソリューションを採用し、ウェブを通じてテレビや映画、アニメなどの番組を消費者にストリーミング配信するプレミアムコンテンツを収益化している最近の流れは伊崎氏の就任を特徴づけるものです。」


【伊崎 洋児の経歴】
合計で20年以上のビジネス経験を有し、そのうち10年以上に渡りデジタルメディア事業に携わる。

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社では、ビジネスディベロップメント統括としてデジタルビデオ関連など数々のプロジェクトを指揮。ビー・ビー・ケーブル株式会社(ソフトバンクグループ)、ブロードメディア株式会社では、ゼネラルマネージャーとして映像配信サービスの立ち上げおよびマネジメントに従事。ブーズ・アンド・カンパニー株式会社では、大手メディア、テクノロジー企業等に対する経営コンサルティングに携わる。アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)では、企業向けITコンサルティングに従事。

京都大学理学部卒業。米国ダートマス大学タックスクール経営学修士


【ブライトコーブについて】
Brightcove Inc.(NASDAQ:BCOV)は、動画のためのクラウドコンテンツ サービスの先進的なグローバル プロバイダであり、企業による動画視聴エクスペリエンスの配信に革命をもたらす製品ファミリーを提供しています。製品には、市場をリードするオンライン動画プラットフォームのVideo Cloud、そしてクラウドベースのメディア処理サービスでHTML5動画プレーヤ技術を提供するZencoderがあります。70か国に及ぶ6,300以上のお客様がブライトコーブのクラウドコンテンツ サービスを利用し、PC、スマートフォン、タブレット、コネクティッド TVにおいて動画視聴エクスペリエンスを構築し運営しています。詳しくはホームページ( http://www.brightcove.com/ja/ )をご覧ください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング