生産工程におけるはんだ付実装を高速化 新レーザーはんだ付ロボット「UNIX-FSシリーズ」発表

@Press / 2014年1月9日 11時0分

UNIX-FS製品イメージ(正面)
株式会社ジャパンユニックス(本社:東京都港区、代表取締役社長:河野 正三)は、電子部品や製品製造の生産ラインではんだ付工程の自動化・高速化を実現する、最新式レーザーはんだ付システム「UNIX-FSシリーズ」を「インターネプコンジャパン2014」にて発表いたします。
https://www.japanunix.com/


【開発背景】
ジャパンユニックスは、はんだ付ロボットの開発・販売専門メーカーとして、1974年の設立以来、40年に渡り、はんだ付新工法並びに新製品の開発・販売を行っています。2000年には、レーザーはんだ付システムを日本で先駆けて開発・販売し、以来、レーザーはんだ付工法の改善・確立を行って参りました。昨今、世界市場では製品のデジタル・電子化が加速しており、ジャパンユニックスの主要ユーザーは国内のみならず、世界各国の自動車・車載部品、スマートフォン・デジタル機器、医療機器等、多種多様な製造産業へと拡大いたしました。

一方、世界の製造業を取り巻く環境は、年々激しさを増しており、製造コスト削減や生産時間短縮、より高度実装技術等への対応が求められています。例えば、スマートフォンやウェアラブルPCに代表されるようなデジタル機器では、軽量・薄型化が新製品開発では常に重要項目としてあげられ、世界同時発売が当たり前の今日では、最終製品の月産数が億を超える物もあります。そのため、製造企業においては、更なる競争力維持のため、生産ラインのスピード化、軽量・薄型化に伴う基板の高密度化、より速いはんだ付自動化が国内外ともに強く要求されることになります。また、はんだ付においては、1点のミスが製品全体の不良につながるため、スピードと共に接合品質の高さも同時に求められることとなります。

ジャパンユニックスでは、国内外のお客様が直面する、更なる「高速化」と「品質向上」の課題にお応えするため、同軸観測を実現した高速光学系レーザー採用のフラッシュはんだ付システム「UNIX-FS(FLASH SOLDERING)シリーズ」を開発いたしました。「UNIX-FSシリーズ」は、従来のレーザーはんだ付システムに比べ、1点あたりのはんだ付工程を約半分の速さで自動化が可能、タッチパネルを使用したダイレクトティーチングにより簡単な操作、管理が可能になります。また、はんだ付状態を確認するために、同軸観測系カメラを搭載。同カメラにより、0.3秒/点ではんだ付される過程を視認しながら進捗確認が可能となりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング