PCセキュリティIT資産管理システム「オリエント アルティメットサーバー」を発表

@Press / 2014年1月17日 16時0分

データセキュリティーの専門メーカーであるオリエントコンピュータ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:金澤 歓喜、以下 オリエントコンピュータ)は、中小企業向けに、情報漏洩から守る究極のパッケージ、サーバー版PCセキュリティIT資産管理システム「オリエント アルティメットサーバー」(自社サーバー+利用PCライセンスのオンプレミス版[自社運用版])を発表しました。


■製品概要
「オリエント アルティメットサーバー」は、アルティメットパック( http://www.orient-computer.co.jp/om/ultimate/ )のPC内データの暗号化・復号化と完全消去機能はもちろん、ファイルの自動完全消去機能と指紋認証機能を併せもつセキュアUSBメモリとの組み合わせによるハッキング対策、さらにサーバーを設置することで、IT資産管理機能も併用することが可能になります。(自社サーバー+利用PCライセンスのオンプレミス版[自社運用版])

本製品はデータの持ち運び時や事務所内PCからの情報漏洩の防御はもちろん、同時にIT資産管理も導入を検討されている、主に中小企業・小規模オフィスのお客様のご要望に応えた「PCセキュリティ」と「IT資産管理」システムです。例えば、会計事務所、弁護士事務所、塾や学校、個人病院、ホテル、ソフト会社、宗教法人様など、個人情報や各種顧客データを取り扱っていても専任の担当者を置くことが出来ないというお客様等に最適です。


■「オリエント アルティメットサーバー(以下 OUS)」の主な特長
1.セキュアな添付ファイルのメール送受信
「OUS」管理の自社内PC同士の端末間では、メール添付ファイルの暗号化・復号化による安全なメール送受信が出来ます。また「OUS」管理の自社内PC同士の端末間でしか復号出来ませんので、誤送信の場合でも安心です。

2.指紋認証USBとセキュアUSBメモリとのシームレスかつ時限設定のファイル暗号化・復号化と完全消去
オリエントコンピュータの指紋認証USBとセキュアUSBメモリを使用する場合、ログインできないとデータの閲覧ができないこと、さらにファイルが暗号化・復号化されますので、紛失した際でも情報漏洩を防ぐことが出来ます。また標準機能であるファイルの時限削除設定をしておくことで、紛失したファイル・データそのものを完全削除するので安心・安全です。

@Press

トピックスRSS

ランキング