CMS「NOREN」導入の中部国際空港セントレアがリニューアルしたWebサイトでWebグランプリ(*)を受賞~ リニューアルまでの構築過程を「NORENフォーラム2014」にて発表 ~

@Press / 2014年1月16日 11時0分

セントレアWebサイト http://www.centrair.jp/
 株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 辰男、略記:アシスト)の取り扱うコンテンツ・マネジメント・システム(CMS)製品「NOREN」(開発元:韓国I-ON COMMUNICATIONS社)を導入している中部国際空港株式会社(本社:愛知県常滑市、代表取締役社長:川上 博、略記:セントレア)が公式Webサイトをリニューアルし、公益社団法人 日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会(略記:Web広告研究会)の「第1回Webグランプリ 企業グランプリ部門 企業サイト賞」グランプリ(*)を受賞しました。1月24日開催のアシスト主催セミナー「NORENフォーラム2014」にてリニューアルまでの構築過程を発表します。

(*) 「企業グランプリ部門」の参加企業33社の中から、235名の審査員により
  「企業サイト賞」、「プロモーションサイト賞」が決定され、2013年11月
  9日に発表。各企業のWeb担当者の研鑽で制作/構築された見本とすべき
  Webサイトに授与された。

 セントレアは、利便性の高い国際空港という位置づけと、空港と商業施設が一体化された、フライトしない人も楽しめる「エアシティ」というコンセプトのもと、2005年に開港されました。Webサイトについては開港当初よりアシスト提供の「NOREN」を構築基盤として採用し、空港機能として必要不可欠なフライトや天候情報はもちろんのこと、「セントレアを楽しもう」というキャッチフレーズのもと、セントレア見学ツアー/セグウェイ体験/飛行機撮影テクニックなど、見ていて楽しくなるコンテンツを数多く掲載してきました。

 セントレアでは、「Webサイト上で楽しめる空港」のコンセプトをさらに強化するために、2011年2月より検討を始め、2012年8月より構築開始と、Webサイトのリニューアルに取り組みました。顧客の声を直接聞きながら、タッチデバイスの利用も意識し、ユーザ・インターフェースとコンテンツ拡充に重点をおいた改修を行った結果、まるで空港を歩いているかのようにわかりやすく親しみやすいWebサイトに変わり、去る2013年11月9日にWebサイト広告研究会の「第1回Webグランプリ 企業ブランプリ部門 企業サイト賞」グランプリを受賞しました。

 セントレアでは今後も、ユーザビリティのさらなる向上に加え、より充実したコンテンツの掲載を順次行っていきます。また、来る1月24日に開催するアシスト主催「NORENフォーラム2014」にて、今回のWebサイト・リニューアルまでの構築過程を詳細に紹介します。

@Press

トピックスRSS

ランキング