アンシス・ジャパン、「ANSYS 15.0」の国内リリースを発表 構造/流体/電磁界の解析分野で最先端技術をさらに向上

@Press / 2014年2月3日 11時0分

 アンシス・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:大古 俊輔)は、最先端のエンジニアリングシミュレーションソリューション「ANSYS(R) 15.0」の国内リリースを発表しました。この「ANSYS 15.0」は、既存機能の強化に加えて、新たに独自機能が追加され、非常に高度な手法で製品の性能予測や設計最適化を行うことができます。


主な機能強化は、構造解析では、複合材料の特性を詳細に把握する機能、流体解析では、回転機械の流路を高精度で解析する機能、そして、電磁界解析では、電気モータの包括的な設計プロセスを可能にする機能が挙げられます。
 また、「ANSYS 15.0」では、構造解析、流体解析、電磁界解析を含む製品群全体の大幅な機能改良に加えて、先進的なシミュレーション手法を実現する包括的マルチフィジックスワークフローの構築が可能になりました。
 さらに、プリ処理機能が強化され、解析する物理現象に関わらず、幅広いモデル規模や複雑に対応して、短時間で精細なメッシュを生成できます。ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)では、従来の最高クラスの解析速度が5倍に向上されました。

 「ANSYS 15.0は、エンジニアリングソフトウェア業界で40年間にわたりリードしてきた技術をもとに作られました。性能向上と新ソルバーの導入によって、主要解析分野の製品機能を大幅にアップグレードしました。アジョイントソルバー、拡張性の高いHPC、マイクロメートル規模からフルシステムまで対応したモデリング機能といったイノベーションを通じて、当社はシミュレーションの分野で今後もリードを続けます。」(アンシス、Chief product officer、Walid Abu-Hadba)


<「ANSYS 15.0」の特徴とメリット>
■構造解析:複合材料を用いた高度な設計
 「ANSYS 15.0」では、例えば自動車産業では軽量化による燃費効率向上の目的で普及している複合材料の性能評価機能が、さらに拡張されました。複合材料のシミュレーションには、大規模な数値解析が必要です。全体的な計算時間を短縮するために「ANSYS 15.0」では、プリ処理でのサブモデリング手法を採用しました。これにより、全体の粗いモデルを作成しつつ、高精度な局所的解析結果を得られます。
 また、ワイヤレス設計および熱管理の最適化に対応した、複合材料のマルチフィジックスシミュレーションの新手法も採用しました。ユーザーは、電磁界解析で座標依存の材料特性を定義し、これらの結果を構造解析と連成させることが可能です。

@Press

トピックスRSS

ランキング