「シーバスリーガル18年 ゴールドシグネチャー・アワード 2014 Presented by GOETHE」の受賞者は、H.I.S.創業会長、ハウステンボス社長 澤田秀雄氏と、放送作家、脚本家 小山薫堂氏に決定!!

@Press / 2014年1月20日 18時0分

登壇者集合
ペルノ・リカール・ジャパン株式会社が展開するスコッチウイスキー「シーバスリーガル」と、株式会社幻冬舎が発行する雑誌「GOETHE」によって設立した『シーバスリーガル18年 ゴールドシグネチャー・アワード Presented by GOETHE』では、このたび、第4回を迎える2014年の受賞者が決定し、2014年1月17日(金)、コンラッド東京にて授賞式を開催いたしました。

本アワードは、本業のビジネスの成果を通して社会に活力を与えると同時に、社会貢献にも寄与されたビジネスリーダーに贈られる名誉賞です。一般投票によって受賞者を選出する[一般投票部門]と、シーバス アンバサダーで作家の村上龍氏が特別審査員を務める[審査員選考部門]の2部門で構成し、2011年から毎年、各部門の受賞者を1名ずつ選出し表彰しています。

『シーバスリーガル18年 ゴールドシグネチャー・アワード 2014 Presented by GOETHE』の受賞者は、[一般投票部門]に株式会社エイチ・アイ・エス 代表取締役会長、ハウステンボス株式会社 代表取締役社長の澤田秀雄氏、[審査員選考部門]では放送作家、脚本家の小山薫堂氏が選ばれました。授賞式ではお二人を表彰し、その後のレセプションパーティーでは村上龍氏とのトークセッションで、お二人が仕事をする上で大切にしていることや、ビジネスを通じた社会貢献への思いなどを語っていただきました。


【一般投票部門受賞者】
株式会社エイチ・アイ・エス 代表取締役会長 / ハウステンボス株式会社 代表取締役社長 澤田 秀雄氏

▼授賞理由
シーバスリーガル公式Facebookページにて、2013年12月9日(月)~2014年1月7日(火)の期間、「2013年に最も活躍したビジネスリーダーは?」というテーマで、会社の業績やイノベーティブなビジネスアイデア、社会貢献などを選考のポイントに一般投票を実施。結果、澤田氏が最多票を獲得され授賞を決定いたしました。
澤田氏が創業したH.I.S.では、2013年度の純利益が過去最高を記録。中国方面の旅客減や円安の影響で旅行事業は減益ながらも、テーマパーク事業が好調なのが要因です。 また、2003年にテーマパーク最大の負債金額で経営破綻したハウステンボスの復活は記憶に新しく、2010年に社長に就任すると、イノベーティブなビジネスアイデアで2年後には開業以来初の黒字化へと成功させています。 社会貢献にも積極的で、東日本大震災の復興支援では義援金・寄付金の贈呈、旅行商品等の売上の一部を支援協賛金として拠出するなどの活動を継続しています。 2013年2月からは福島の除染事業に協賛。海外ボランティア活動ではベトナム・ダナン市の要請で、大学のガイド養成コースの新設や、ハワイ大学の奨学金制度に参画し、多くの学生に学ぶ機会を提供するなど、他にも数多くの支援を行っています。

@Press

トピックスRSS

ランキング