サテライトオフィス、Google Apps(TM) 向け、組織アドレス帳機能、導入アカウント数が、30万アカウントを突破 サービス名:サテライトオフィス・組織アドレス帳 for Google Apps

@Press / 2014年1月23日 10時0分

組織アドレス帳の導入アカウント数が30万アカウント突破
Google Enterprise Partner であり、Google Apps for Business(TM) (以下 Google Apps )の販売代理店である株式会社サテライトオフィス(本社:東京都江東区、代表取締役社長:原口 豊、 http://www.sateraito.jp/ )は、Google Apps を導入した企業向けに、組織またはグループのアドレス帳機能、または社員検索機能を、Google App Engine 上で開発し、Google Apps Marketplace から無償提供しております。このたび、組織アドレス帳機能を利用されているアカウント数が、30万アカウントを達成した事を発表いたします。
(サービス名:サテライトオフィス・組織アドレス帳 for Google Apps )

サテライトオフィスは、Google Apps 導入支援の中で、Google Apps で利用可能なシングルサインオン機能、AD連携機能、組織カレンダー、ワークフロー、掲示板/回覧板機能を無償提供しております。今回、発表しました「組織アドレス帳機能の利用ユーザー数30万/1,500社突破」は、平均毎月55社の企業様が、新規で導入を開始していることになります。


サテライトオフィス・組織アドレス帳 for Google Apps の主な機能は下記の通りです。

●組織/グループ一覧のツリー表示機能
●ユーザー検索機能
●管理者による表示項目設定機能
●組織アドレス帳からのメール作成機能
●新規/返信/転送メール画面からポップアップにてアドレス帳を開き、アドレスを登録する機能
●組織/グループ単位での非表示機能
●一覧表示の表示順序変更機能
●会議室/リソース情報表示機能
●社外メンバーの表示機能
●Gmail に標準装備の個人アドレス帳の組織アドレス帳内表示機能
●お気に入り機能
●ユーザー情報CSVアップロード機能、CSVダウンロード機能
●Google サイト 内に組織アドレス帳を表示する機能
●共有アドレス帳機能(ツリー情報、ユーザー情報をCSVでアップロードが可能)
●メンバー写真アップロード機能
●ユーザー自身でのアドレス帳編集機能
●Google カレンダー の会議メンバー登録時に組織アドレス帳を利用する機能
●Google カレンダー、Google サイト、Google ドライブ のアクセス権限設定時に利用可能
●サテライトオフィス・シングルサインオン機能とのデータ連携機能
●多言語対応
●基幹系システムとのデータバッチ連携機能
●組織アドレス帳を社内システムで利用可能
●Google Apps マルチドメイン対応
●SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティング、クロスサイトリクエストフォージェリー対策済
●スマートフォン/タブレット専用ビュー
●管理者事前テスト機能

@Press

トピックスRSS

ランキング