芝浦工業大学が、地域全体で未来を担う子どもを育てる「最先端を親子で学ぼう」プロジェクトに参画

@Press / 2014年1月23日 10時0分

ペットボトルロケット工作教室の様子1
芝浦工業大学(東京都江東区豊洲/学長 村上雅人)では、近隣の企業や団体、機関などとともに東京湾岸地区の子どもたちを育てていく「最先端を親子で学ぼう」プロジェクトに参画することになりました。
つきましては、1月26日(日)10時30分より、芝浦工業大学豊洲キャンパスでキックオフイベントとして、フォーラム「2020年を見据えて、子供たちに何をしてあげられるか?」を開催します。
東京湾岸地域における企業・団体が来たる2020年を見据えて、どのようなビジョンを持ち展開していくかについて参加者とともに考える機会とします。

「最先端を親子で学ぼう」プロジェクト
http://www.elitechildren.org/


【背景】
東京湾岸地域は、近年、子どもを含めた多くの住民が住み、大変活気のあるエリアとなっています。また、新市場の開場や、その他イベントも数多く予定されており、今後ますます注目されていきます。あわせて企業や団体、学校などもこのエリアに集まっています。
そこで、このエネルギッシュな土地に住む多くの子どもたちに対し、NPO法人東京湾岸コミュニティを中心にして次世代の日本を支える人材を育成するためのプロジェクトを発足することになりました。芝浦工業大学もこれに参加し、国内外の最先端の技術や情報を提供していきます。


【プロジェクト概要】
芝浦工業大学を含む地域内の学校・企業・機関を中心に、知育・道徳・体育に関する最先端のノウハウや情報を子どもとその保護者に対して提供していくこととし、体系的なセミナーや実習形式の講座を展開していきます。

▼今後の展開(予定)
・親子でペットボトルロケットを作ろう 1月26日(日) 芝浦工業大学
・望遠鏡を作ろう           2月 9日(日) 芝浦工業大学
・3Dプリンターを使ってみよう     2月16日(日) MONO
・親子でおもてなし塾         2月23日(日) 芝浦工業大学
・アジアを知ってみよう        3月30日(日) 東京国際交流館

このほか、工場見学や職場体験などのプログラムも計画しています。
このように、多様な分野の企業・団体などがさまざまな切り口から講座を展開することで、子どもたちのグローバルな視点や科学技術への興味関心、日本文化の把握などへの意識を醸成していきます。


【キックオフイベント】
・フォーラム「2020年を見据えて、子供たちに何をしてあげられるか?」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング