「合格」への願いがいちばん“速くつながる”のは、au!? 合格祈願に御利益のある神社で新iPhone(iPhone 5c)の通信速度を徹底調査!

@Press / 2014年1月27日 11時0分

合格祈願神社調査結果
フィールドマーケティング・フィールドリサーチの株式会社マックスは、合格祈願に御利益のある都内の神社において新iPhone(iPhone 5c)の通信速度に関するフィールドリサーチを実施。
各キャリアの新iPhoneの通信速度やLTEの接続可否などを実測調査し、合格祈願をする場所で、いちばん「速くつながる」縁起の良い新iPhoneはどのキャリアのiPhoneかを調べました。


【調査方法】
■調査場所
東京都内の神社 計10箇所

※小野照崎神社(台東区)、亀戸天神社(江東区)、神田明神(千代田区)、松陰神社(世田谷区)、菅原神社(町田市)、富岡八幡宮(江東区)、平田神社(渋谷区)、布多天神社(調布市)、谷保天満宮(国立市)、湯島天神(文京区) の10箇所

■調査方法
通信速度計測アプリ「RBB TODAY SPEED TEST」を利用。ドコモ、au、ソフトバンクのiPhone 5cで、それぞれ同条件下で上り/下りの速度を3回計測し、その平均値を実測値とする。LTE通信での計測を基本としているが、LTEを捕捉しない場所では3G通信で計測し実測値とする。

■調査期間
2013年12月25日~2014年1月7日


【調査結果】
調査の結果、10箇所の調査場所(上り/下り)において、auの新iPhone(iPhone 5c)が、12回(最多)の通信速度1位を獲得。次いでソフトバンクが5回、最下位はドコモで、最高速度1位を記録したのは3回という結果に。最高速度は、「菅原神社」でソフトバンクが51.06Mbpsを記録。
auは今回調査した神社の半分以上で最高速度を記録し、通信速度の速さが際立つ結果となっています。対してドコモは一部神社を除いたほとんどの場所ではひと桁台の通信速度にとどまり、速度の安定性に課題が見て取れる結果となっています。

auでは「800MHzのプラチナバンドLTE」の拡充が他キャリアよりも大きく先行。プラチナバンドは高速の電波が建物や障害物を回り込み、すりぬけて届くため、都市部や山間部など様々な場所でつながりやすく、各社のプラチナバンドLTEへの取り組みの差が下記結果に結びついたと考えられます。

各社がしのぎを削って整備を進めているLTEのネットワーク環境は、現状ではauが大きくリードしていると言え、合格祈願にお出かけの際、最も速く、つながりやすい「縁起のよい新iPhone」は、auの新iPhoneであるという結果になりました。

合格祈願神社調査結果: http://www.atpress.ne.jp/releases/42647/img_42647_1.jpg

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング