テクノグラフィー(TGI)、新世代アーキテクチャEpochPOWERストレージクラスタを発表

@Press / 2014年4月1日 15時0分

EpochPowerクラスタシステムの構成図
テクノグラフィー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:稲岡 茂穂、略称 TGI)は、GateStor社が開発した次世代ストレージクラスタシステム“EpochPOWERクラスタシステム”を販売すると発表しました。この内容はEpochPOWER クラスタソフトウエア(EP-Cluster v1.0 特許取得)を高速ストレージ、SolidPOWER(R)7000のハードウエアに実装しトータルのマルチノードシステムとして5月1日より販売するものです。TGIは同システムを代理店を通じて販売します。
http://www.tgi.co.jp


■EpochPOWERクラスタシステムの特長
1.クラスタを構成するノード(CPU、メモリー、ディスクコントローラ)間通信に、標準且つ最高速のPCI Express(PCIex) Gen3 バスを利用
2.1クラスタあたり最大512ノード、1ノードあたり最大600ドライブをサポート、クラスタ全体で307,200ドライブのストレージプールを実現
3.各ノードの接続形態は以下の2種類をサポート:
  a) ツリー型接続(PCI Express(PCIex) スイッチが必要)
  b) リング型接続
4.各ノードの結線:ラインの2重化(耐障害性向上)
5.従来の外部ネットワーク(InfiniBand接続等)に比べてクラスタ性能は約5倍以上
6.IAサーバに標準装備されているPCI Express(PCIex) バスを使用することで投資コストが大幅に削減


■EpochPOWERクラスタシステムの管理手法
1.TCP/IPの代わりにOmniBus ブロードキャスティング(特許取得済)を採用:
  a) メタデータおよびロック(制御、データ)通信の最小化によるI/O処理のシンプル化
  b) ノード障害時のデータ冗長性を向上(障害時のレプリケーション不要)
  c) 高速化を実現
2.ストレージプールによるストレージの一元管理
  a)ハードディスクドライブ、SSD、フラッシュメモリーの一元管理
  b)ダイナミックにクラスタを構成しクライアントのリクエストに柔軟に対応

旧世代のクラスタシステムは各ノードが個別に配下のストレージを管理していました。そのためにシステム全体のストレージ管理が煩雑化していました。EpochPOWERクラスタシステムはクラスタ環境に異次元のスピードを実現した新世代クラスタシステムです。

@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング