―値上げに関する消費者意識調査―「食品・飲料の値上げが家計を圧迫」2人に1人が実感“衝動買い”が消える?買い物「より慎重に」が過半数買い控え行動は魚介類で顕著

@Press / 2014年1月31日 15時45分

住信SBIネット銀行株式会社(URL:http://www.netbk.co.jp/、本社:東京都港区、代表取締役社長:川島克哉、以下「住信 SBI ネット銀行」という)は、住信 SBI ネット銀行の口座を保有する全国のお客さまに「値上げに関する消費者意識調査」を実施し、4,341人より回答をいただきました。

[調査概要]
調査期間:2014年1月7日~1月14日 調査方法:インターネットリサーチ
調査対象:住信 SBI ネット銀行の個人顧客で、全国30歳~69歳の男女4,341人
(内訳:30代男性579人、40代男性853人、50代男性937人、60代男性974人
30代女性215人、40代女性323人、50代女性277人、60代女性183人)
調査協力機関:ネットエイジア株式会社

【Summary】

■値上がりの実感と値上げ対策/今後の予想
・値上がりがつらいと感じた商品 1位「ガソリン」 2位「食品・飲料」 3位「電気」
・“衝動買い”が消える?買い物「より慎重に」が過半数、「特売商品」「価格比較」「ポイント割引」「PB商品」の活用も上位に
・今後の値上がり予想商品TOP3 「電気」「食品・飲料」「ガソリン」
・「これ以上の値上げに家計が耐えられない!」5人に1人

■食品の値上げと食卓の変化
・「食品・飲料の値上がりは継続中」6割半、「食品・飲料の値上げが家計を圧迫」2人に1人が実感
・買い控え行動は魚介類で顕著 買い控え率 「ウナギ」57.0%、「エビ」26.0%、「マグロ」22.9%

■消費税増税と駆け込み購入
・「消費税増税は家計悪化の追い打ち」7割
・「食料品・飲料」の増税前駆け込み購入予定者 3割半、駆け込み購入予定「特になし」 4割
・「自動車」の増税前駆け込み購入予定者 7.8%、「パソコン」は11.7%

■デフレ脱却と景況予測
・デフレ脱却についてどう思う?「経済再生に必要」6割、「家計を苦しめる」5割
・「デフレ脱却には賃金の上昇が必要」8割半
・4人に1人が「近い将来ハイパーインフレが起こる」と予想、「金融・不動産投資を考えている」4割強
・「最近、“格差社会”という言葉を意識」6割
・「今後1年間で収入上昇見込み」1割半、「収入下落見込み」3割半


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング