マイクロテクノロジー株式会社、KORE Wireless社とグローバルM2Mネットワークプラットフォームサービスに関する日本国内での独占販売契約を締結

@Press / 2014年2月4日 16時0分

マイクロテクノロジー株式会社は、M2M(マシン・ツー・マシン)ワイヤレスデータネットワークに特化した世界最大のプロバイダーであるKORE Wireless社と、日本における独占パートナーとして、提携を結びました。マイクロテクノロジー株式会社は1983年以来、組み込みシステムの研究、開発および製造を行っており、今後は、M2Mソリューションに注力し事業を拡大してまいります。
今回の提携により、KORE Wireless社は、最近のアジア太平洋地域での成功を背景に、海外拠点を日本まで拡大しました。

KORE Wireless社の社長兼最高執行責任者(COO)アレックス・ブリスボーン氏は、このパートナーシップは、当社初の取り組みであり、日本に拠点を置く企業がKOREグローバルM2Mネットワークを使用して業務拡大を図る新たな機会を提供することになると述べています。
「私たちは長い間、日本がM2M分野の成長性と将来性が高い市場だと考えていました。また、日本に拠点を置く企業の多くは、海外展開を望んでいます。マイクロテクノロジー株式会社の協力を得て、KORE Wirelessはこうした計画を実現できる体制がようやくできたと言えるでしょう。」

KORE Wireless Asia Pacific社の副社長であるシェーン・マーフィー氏は、この提携関係によって日本国内の顧客だけでなく、海外から日本市場への進出を目指すKORE Wireless社の顧客に対しても万全なサポートを提供できるとコメントしています。
「この新しい提携関係により、当社の日本国内販売が加速され、顧客に対して日本語で、地域に特化したサポートができるようになるでしょう。マイクロテクノロジー株式会社は、組み込みソリューションの分野で成功を収めており、日本市場を熟知しています。よって、日本で彼ら以上に優れた提携先を求めることは不可能と言えるでしょう。」

マイクロテクノロジー株式会社は、テレマティクスサービス、ヘルスケア、ファクトリーオートメーション遠隔監視などに、KORE Wireless社のグローバルM2Mネットワークを使って接続し、エンドツーエンドのM2Mソリューションを提供することにより、KORE Wireless社のサービスを補完することになります。
マイクロテクノロジー株式会社の代表取締役社長である石松 伸一は、日本のM2M市場の着実な成長を予測しています。そして今こそがKORE Wireless社と提携を結ぶのに最適な時期だと考えています。
「私たちは以前から、日本におけるM2Mサービスの需要の高まりを予測してきましたが、今回のKORE Wireless社との提携関係を通じて、当社が、このマーケットでのアドバンテージを活かすことが可能になりました。当社の顧客向けに対して、こういったソリューションを設計・構築するだけでなく、プラットフォームとコネクティビティも含めた包括的なサービスを提供することができます。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング