科学と環境をテーマにしたイベント『未来フェスタ京都2013』2月15日に開催 ソーラーカーレースなど 親子で楽しめる実験・体験企画を多数ご用意!

@Press / 2014年2月5日 14時30分

レゴ(R)ブロック作品 イメージ
京エコロジーセンター(所在地:京都市伏見区深草)は、昨年度に引き続き、京都市教育委員会等と協働で「未来フェスタ京都2013 科学×エコ ~未来は自分でつくる!~」を開催します。
今年は「未来は自分でつくる」をテーマとし、「レゴ(R)ブロックでつくる未来のまち」や「分解ワークショップ~こわしてつくろう!中身を知ろう!~」など、楽しく学べる企画を多数ご用意しております。

詳細ページ
http://www.miyako-eco.jp/ecocen/event/2014/01/2013.php


【開催概要】
イベント名:未来フェスタ京都2013 科学×エコ ~未来は自分でつくる!~
日時   :2014年2月15日(土)10:00~16:00
場所   :京エコロジーセンター
      〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
対象   :どなたでも(約1,000名を想定)
入場料  :無料 ※飲食等、一部有料
申込   :不要
主催   :京エコロジーセンター/
      京都市教育委員会(京都市青少年科学センター)/
      京都市ごみ減量推進会議/京のアジェンダ21フォーラム

※ 駐車場はありません。公共交通機関でお越しください。


【本イベントの目的】
イベントを通じて環境問題の現状と科学の関係を知ってもらい、科学と環境の観点から新しいものの見方や考え方を紹介します。また、未来に対して「自分も何かできるのでは?」、「やってみたい」といった考えや想いを感じさせる機会や体験を提供し、「これからの未来は自分たちがつくるんだ(つくれるんだ)!」という想いを湧き上げさせるきっかけを創出することを目的としています。


【企画背景】
科学が発展し、様々なモノやサービスなどが生み出され、私たちの生活は便利で豊かなものになりました。しかしその一方で、資源の枯渇や環境汚染といった環境問題が深刻さを増し、その影響は私たちの日常生活にまで及びはじめています。この傾向は今後も加速していくことが予測されており、子どもたちの未来が危ぶまれています。
これからの未来を担う子どもたちに、科学と環境の関係や今後の発展について、改めて「知る・考える」機会を提供することが求められていると考えます。


【京エコロジーセンターとは】 http://www.miyako-eco.jp/
京エコロジーセンター(指定管理者:財団法人京都市環境事業協会)は、地球温暖化防止京都会議(COP3)を記念し、2002年に設立されました。環境にやさしい暮らしの提案や、環境学習、環境保全活動の輪を広げる拠点施設として、多くの方にご利用いただいています。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

過去のイベントの様子(1)過去のイベントの様子(2)過去のイベントの様子(3)

@Press

トピックスRSS

ランキング