「予防歯科」から生まれた新『クリニカ』から奥歯の歯間にもラクに入る歯科医推奨の歯間ケア用具『クリニカアドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ』新発売

@Press / 2014年2月7日 10時30分

クリニカアドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ
ライオン株式会社(代表取締役社長・濱 逸夫)は、歯垢が溜まりやすく挿入しにくい奥歯の歯間にもラクに入り、耐久性に優れた「高強度フロス」で切れにくい、Y字型のデンタルフロス『クリニカアドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ』を2014年2月12日(水)より全国にて新発売いたします。

商品イメージ: http://www.atpress.ne.jp/releases/43104/img_43104_1.jpg


1.発売の背景
「予防歯科」で大切なセルフケアのポイントとして、「“フッ素”を口の中に残すこと」「“歯垢”を残さず落とすこと」「“細菌”の増殖を抑えること」の3つがあります。
ハブラシのみの使用時に比べ、ハブラシとデンタルフロスを併用すると、歯間の歯垢除去率が1.5倍に向上※1することから、“歯垢”を残さず落とすためには、デンタルフロスの併用が効果的です。そのため歯科医院などにおいても、デンタルフロスの使用を積極的に推奨していることから、デンタルフロスタイプ※2の歯間清掃用具の市場は前年比109%(株式会社インテージSRIデータ 2013年1-12月 販売金額)と伸張しています。
デンタルフロス使用者※3は「歯間への挿入のしやすさ(73.1%)」を重視しており、最も使用する部位として「奥歯の歯間」をあげています。一方、デンタルフロスの使用を中止した人の47%は「うまく使いこなせない」を理由にあげていることがわかりました(2013年当社調べ)。
そこでこの度、挿入しにくい奥歯の歯間にもラクに入る「Y字型設計」で、切れにくい「高強度フロス」を採用した、Y字型のデンタルフロス『クリニカアドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ』を新発売いたします。
※1 山本他 日本歯周病誌1975 ※2デンタルフロス、糸つきようじ合計
※3 ホルダータイプ(ハンドルが付いているタイプ)


2.発売日・地域 2014年2月12日(水) 全国


3.商品特長
(1) 挿入しにくい奥歯の歯間にもラクに入る「Y字型設計」(下図)
http://www.atpress.ne.jp/releases/43104/img_43104_2.jpg

(2) 指あて部分が幅広で握りやすく、動かしやすい独自の「ハンドル設計」

(3) 耐久性に優れた「高強度フロス」なので、洗って繰り返し使える

(4) ハンドルは「白」「青」「ピンク」の3色を品揃え


4.容量・価格
商品名 :クリニカアドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ
容量  :18本
小売価格:オープン価格


<消費者の方>お客様センター 0120-556-913

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

Y字型設計

@Press

トピックスRSS

ランキング