アシスト、Windows 8タブレット端末を企業で安全に活用できる「スマートセキュリティSuite」提供開始

@Press / 2014年2月6日 10時45分

スマートセキュリティSuite
 株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 辰男、略記:アシスト)は、紛失、盗難による情報漏えいの防止など、Windows 8タブレット端末を企業で安全に活用するための各種セキュリティ対策機能をオールインワンで提供する「スマートセキュリティSuite」の販売を本日付けで開始します。               

 スマートフォンやタブレット端末の業務利用が拡大する中、モバイル端末の利便性とセキュリティ対策を同時に実現するための解決策として、アシストでは昨年より「スマートデバイス・ソリューション」や、「秘文Cloud Data Protection」を基盤とするSaaSベースのサービスを提供しています。今回アシストでは、Windows 8タブレット端末の企業利用が大きく伸びるものと予測し、タブレット導入時に必要不可欠な資産管理から、セキュリティ対策として欠かせない暗号化のほか、Windows 8タブレット特有のリスク対策まで、サーバレスで簡単に行える「スマートセキュリティSuite」の提供を開始します。

 「スマートセキュリティSuite」は、情報漏えい対策製品「秘文」とMDM*製品「Optimal Biz for Mobile」、およびエンドユーザでも今すぐセキュリティ対策を実施可能な実装キットなどが1セットになっており、以下の4つの対策を実現します。 *MDM:Mobile Device Management

(1) タブレット端末の紛失、盗難による情報漏えい対策
  端末のログオン時とスリープ・モード解除時に認証を2段階に設定するこ
  とでセキュリティを強化し、ドライブやSDカードなど外部メディアの暗号
  化によりデータを保護します。また、ブラウザ・ベースの管理コンソール
  より簡単な操作で端末をリモート・ロックすることができます。

(2) クラウドストレージ・データ利用時のデータ漏えい対策
  Windows 8で簡単に利用可能なSkyDriveにアップロードするデータを自動
  的に暗号化して保護します。さらに、アカウントに紐づくアクセス制御に
  より、企業やプロジェクトごとの機密性を確保しながらファイルを共有す
  ることができます。鍵は独自サーバで管理するため、万一アカウントが
  漏えいしてもストレージ内のデータは参照できず、データ漏えいの心配は
  ありません。

@Press

トピックスRSS

ランキング